> > ヤンジャン連載「嘘喰い」が初のパチンコ化
ニュース
ヤンジャン連載「嘘喰い」が初のパチンコ化
タイヨーエレック

ニュース写真
 タイヨーエレックはこの度、パチンコ新機種『CR嘘喰い』を発表。2月24日には東京支店で内覧会を開催した。

 2006年から週刊ヤングジャンプで連載中の人気漫画「嘘喰い(うそぐい)」とのタイアップ機。原作「嘘喰い」のパチンコ化は今回が初となる。

 原作では頭脳による駆け引き、身体を張った闘いなど幅広い「勝負事」が繰り広げられており、本機でもこれらバトルの勝敗が出玉に直結する。

 スペックは、大当たり確率約1/392.4(高確率時約1/62.8)、確変突入率76%のマックスタイプ。最大の特長は、電サポ中のバトル勝利時はすべて16R・出玉2400個(払出値)となる点。電サポ中の16R比率が75%と高いのも魅力だ。

 一方で、電サポ中のバトル敗北時は出玉ゼロ。生か死か、ギリギリの世界でバトルを繰り広げる原作漫画同様、勝てば2400、負ければ0の振り切ったスペックが本機の醍醐味となっている。なお、バトル敗北時にリベンジモードに突入すれば時短100回が付く。

 賞球は3&2&7&10&15。大当たりラウンドはヘソ入賞時が4Ror14R、電サポ時が2Ror16R。出玉は600個or2400個。

 納品は4月6日(一部地域除く)からの予定。

(c)迫 稔雄/集英社(週刊ヤングジャンプ連載) (c)TAIYO ELEC



情報提供:月刊グリーンべると

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR嘘喰い



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る