> > 西陣、「新装システム」搭載で名機を堪能
ニュース
西陣、「新装システム」搭載で名機を堪能
西陣

ニュース写真
 西陣は『CR甦りぱちんこ花満開』のプレス発表会を3月2日に東京・上野の西陣上野ビルで行った。

 同機は1台に4機種分の楽しさを搭載した「新装システム」が特徴だ。RTC(リアルタイムロック)搭載で数週間おきに追加機種が登場し、最大で「花満開」「麻王」「花鳥風月」「球界王」の4つの名機を楽しむことができる。また、それぞれに予告の種類や頻度で選べる「クラシック(予告演出なし)」「予告(先読み予告が楽しめる)」「告知(完全告知が楽しめる)」3つ演出モードがあり、自分の好みに合わせて遊技ができる。

 今回の「CR甦りぱちんこ」は「ぱちんこの原点回帰」をテーマに掲げている。ソフィア研究開発部の田中雅也部長は現在の遊技人口の減少の理由のひとつに演出のインフレを挙げ、「演出の種類が豊富になっていく中で、ドキドキ感や期待感よりも『本当ににこの演出で当たるのだろうか』といった不安感を抱いて、パチンコから離れていくプレイヤーがいる」と訴える。

 こうした「現在のパチンコは演出が複雑でわかりにくい」といった声に応え、ノーマルリーチでもアツく、シンプルな演出でも期待が持てる当時のゲーム性を再現し、スリープユーザーの復活も見据えるのが甦りぱちんこのコンセプト。これにより往年プレイヤーには懐かしさを、現プレイヤーには新鮮さを感じさせる演出を目指した。

 スペックは遊びやすさを重視したライトミドルで、大当たり確率1/225.21(高確率時1/39.99)となっている。確変割合は52%で出玉有り大当たりはすべて16Rとなっている。時短は30回。賞球は3&2&6&10。

 納品は4月19日開始予定。

(c)NISHIJIN



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る