> > 『パチスロ地獄少女』発表
ニュース
『パチスロ地獄少女』発表
藤商事

ニュース写真
 藤商事は8月25日、東京支店でパチスロ新機種『パチスロ地獄少女』のプレス発表会を開催した。

 同社パチンコ機で人気を博している「地獄少女」が初のパチスロ化。パチンコ「CR地獄少女」ファンにはおなじみのアニメを連続演出に取り入れ、怨み晴らし要素をパチスロで表現。さらに地獄少女「閻魔あい」のコスプレカスタマイズや楽曲カスタマイズが存在し、コスプレの種類や楽曲選択にARTストック示唆やチャンス到来などの意味を持たせるなど、やり込み要素・判別要素も取り入れている。

 スペックは高ベースで遊びやすいゲーム性と出玉感がある純増約2.3枚のART。ART「地獄流し」は1セット50G+αのG数管理型で、レア役成立時はゲーム数上乗せ、ボーナス、上乗せ特化ゾーン「仕置の刻」の抽選を行う。「仕置きの刻」は10G+αの上乗せ特化ゾーンで毎ゲーム上乗せ抽選を行う。また、仕置きするターゲットによって上乗せ期待度が変化するゾーンとなっている。

 さらに地獄少女図柄が揃うと「仕置の刻」のストック抽選を行う「地獄流し怨」や8G間毎ゲーム上乗せ抽選する特化ゾーン「ゆずき」へ突入する。さらにロングフリーズ発生でゆずきの上乗せ性能が大幅にアップする「ゆずきプレミアム」へ突入するなど、多彩な上乗せがゲーム性を盛り上げる。地獄流し終了後は引き戻しゾーン「午前零時」へ移行し、枚G引き戻し抽選を行う。

 通常時からART当選のルートは、ゲーム数やレア役成立時に突入する前兆ゾーン「葛藤の刻」、地獄少女図柄成立で突入する自力チャンスゾーン「仕置チャレンジ」の大きく分けて2種類。「葛藤の刻」は依頼者の葛藤が描かれたステージで液晶の炎の色に応じて期待度がアップし、依頼者が藁人形の赤い糸を解けば連続演出へ発展、成功でART確定となる。

 一方「仕置チャレンジ」は8G間のランクアップ自力チャンスゾーンとなっており、全役でランクアップ抽選を行いレベルに応じて報酬が異なる。レベルは1〜5(MAX)まで存在し、レベル3でART確定、レベル4でART+仕置の刻確定、レベルMAXでART+仕置の刻×2が確定する。

 単調とならないように練り込まれた演出ながら、わかりやすさも兼ね備えている同機は10月中旬より納品を開始予定だ。

(c)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス
(c)地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る