> > 地獄にいちばん近い島を実写化 映画「彼岸島 デラックス」完成披露上映会開催
ニュース
イベント
地獄にいちばん近い島を実写化 映画「彼岸島 デラックス」完成披露上映会開催
サンセイR&D

10/4、新宿ピカデリーにて映画「彼岸島 デラックス」の完成披露上映会が開催された。本作はシリーズ累計700万部を誇る松本光司原作の人気漫画を実写化したもので、パチンコメーカーのサンセイR&Dが特別協力している。

会場の新宿ピカデリー・スクリーン3にはプレス関係者に加えて一般来場者も参加。そのお目当ては本作の出演者がズラリと揃う舞台挨拶。W主演の白石隼也、鈴木亮平に加えて桜井美南、遠藤雄弥、阿部翔平、栗原類、佐藤めぐみ、水崎綾女、高野人母美、柳ゆり菜の10名が登壇した。

最初に挨拶した主演・明役の白石は「撮影したのは2年前で、公開延期などもありましたが、ようやく皆さんに見てもらえるようになって嬉しく思っています」と。そして明の兄にしてもう一人の主演・篤役の鈴木亮平は「とてもお金をかけたB級映画が完成しました」と言って会場を沸かせた。

その後は出演者が「人間チーム」「吸血鬼チーム」に分かれ、観客をより「ハアハア」させた方が勝ちとなるトークバトルが行われ、一般来場者を交えて大いに盛り上がった。

最後のW主演の挨拶。最初に語った白石が「B級映画で、メッセージ性もありませんが……」と言ったらところで鈴木から「大丈夫?」とフォローが入るも、その後に「痛快で娯楽性の高いエンターテイメント作品に仕上がっていると思います」と付け加えた。

一方の鈴木は「アクション映画は世にいっぱいありますが、物語中の7割戦っているアクション映画はないと思います。そのなかで最も戦っているのが隼也で、日に日に顔がこけていきながらも頑張った彼のアクションを楽しんでもらいたい」と、隣にいる白石を讃えながら熱く語った。

迫力のアクションシーン満載の映画「彼岸島 デラックス」は10/15より全国各地の映画館にて公開される。

このニュースの関連URL:彼岸島 デラックス
このニュースの関連URL:サンセイR&D



  • ニュース写真

    上段左から高野人母美、佐藤めぐみ、水崎綾女、柳ゆり菜
    下段左から阿部翔平、桜井美南、白石隼也、鈴木亮平、栗原類、遠藤雄弥

    写真を拡大

  • ニュース写真

    W主演の2人のトークは息がピッタリ

    写真を拡大

  • ニュース写真

    「彼岸島に1つ持っていくなら?」という問に、白石はメガネ、鈴木は(武装)ヘリと答えて笑いを誘った。

    写真を拡大

  • ニュース写真

    来場者を「ハアハア」させるため、まさに一肌脱いだ鈴木

    写真を拡大

  • ニュース写真

    トークバトルの勝利チームにプレゼントされた「師匠」のお面を帽子に乗せる栗原

    写真を拡大

  • ニュース写真

    新宿ピカデリーでは10/15(土)10:10の回で初日舞台挨拶も予定されている


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る