> > 一般電役の名機が復活!『CRフルーツパンチ』
ニュース
新機種発表
一般電役の名機が復活!『CRフルーツパンチ』
Daiichi

CRフルーツパンチ AM-F
Daiichiより新機種『CRフルーツパンチ』が発表された。本機は1991年に登場し、保留連チャンと高い出玉性能で一世を風靡した一般電役『フルーツパンチ』のリメイク機だ。

スペックは大当たり確率約1/319.68、時短突入率64%(時短中36.2%)の1種+2種タイプ。初当り後は64%の確率で時短に突入するが、一旦突入すると突入率が36.2%に下がるという一風変わった仕様だ。その代わりに出玉面は充実しており、初当り時は必ず約1680個獲得でき、時短中はオール約2100個。連チャン力こそ低めだが、短い連チャンでも大量出玉が獲得できるようになっている。

大当たり中は右打ちで消化するが、この際に盤面右下のCHANCEに入賞すると下段のセグが変動。図柄が揃えば次回大当たり濃厚となるという、初代を彷彿させる保留連チャン演出も搭載されている。

演出は7セグならではのシンプルなもので、演出を排除した昔ながらの「シンプルモード」に加えて、細かな演出を追加した現代的なゲーム性が味わえる「バラエティモード」の2種類を搭載。プレイヤーが好みで選択できるようになっている。

約25年以上もの時を越えて復活した名機のリメイク版『CRフルーツパンチ』は、2017年1月10日よりホールデビューする予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRフルーツパンチ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る