> > 忘れがたき方々がいた 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

忘れがたき方々がいた  
text by 冬月カースケ
 
いよいよ、あと1回で長い間に渡って書かせてもらったこのコラムも終わりとなった。まだ現実感はないけど、来週の最終コラムを書き終わったら実感が沸いて寂しくなるんだろうな。

前回に引き続き、出会った方のことを書きたいけど、あまりにもたくさんいてどっから書けばよいのか迷ってしまう。でもこの人は欠かせないと思う方を少しだけ。まずは元釘師の額くん。最近会ってないけど元気にしているだろうか。知る限りでは最高の腕前を持つパチプロであり、「パチンコ塾」を開催するくらいの理論家でもあった。彼との出会いはK店。他者の打たない機種を狙って、地味だけどしっかりとした戦績を積み重ねていた。

数字に強く、小数点レベルまで期待値や釘の動きを把握することができるすごい男。数々の機種を攻略してきたが一時、某機種で大変なプラス収支を叩きだしているのを目の当たりにして、心底驚いたことがある。数年前のことだが、まだその時点では某機種のように攻略要素の強い機種もあったのだった。わずか数年前というのに隔世の感があるなあ、額くんは元気でやっているのだろうか。

次は弟子。唯一そう呼んだネコちゃん。K店で知り合ってひょんなことから半年以上もの間、ずっと連れパチなどをするようになってかつてのコラムにもたびたび登場。とても素直な性格で、一生懸命パチンコに取り組む姿勢が微笑ましかった。期待値のきの字も知らないところからスタートしたけど、飲み込みも早く、独り立ちしてからもけっこう頑張っていた。今は、趣味のパチンコにシフトして、本気で打つことはないようだ。

これもネコちゃんを取り巻く周囲の環境が大きく変化してしまったから。低貸し玉の店でコツコツ打つことをメインにしていたのだが、等価など高価交換が主流になるにつれ状況が悪化してしまったのだ。とても感じのいい方で、今は仕事が忙しいらしい。そう言えば、山ちゃんもそのひとり。





ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ



このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る