@niftyトップ

パチンコ・パチスロAWARD2015 > パチスロ部門MVP受賞インタビュー『ハナビ(アクロス)』

パチスロ部門MVP ハナビ

アクロス『ハナビ』:パチスロAWARD 2015 MVP受賞インタビュー

パチスロAWARDインタビュー風景 正面玄関
代表してトロフィーを受け取る 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 山本 学 氏

選考委員会:
『ハナビ』が、パチスロAWARD 2015のMVPとメーカー特別賞のダブル受賞となりました。また、MVPは昨年の『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』に続き、2年連続での受賞となりました。おめでとうございます。
株式会社ユニバーサルエンターテインメント 山本氏(以下、ユニバ):
ありがとうございます。昨年の『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』は、ART機で、今年の『ハナビ』は、Aプロジェクト。ユニバーサルの機種だけでも充実したラインナップとなるよう取り組んでおりますが、タイプの違う2機種を多くの方々に評価していただき、とても嬉しく思います。
パチスロAWARD MVP受賞シーン・山本氏 パチスロAWARD MVP受賞シーン・山本氏
【左写真】左から、パチ7編集部、ユニバーサルエンターテインメント山本氏、777@nifty 佐々木 真、FunTV 儀式マニア
【右写真】左から、MVP、メーカー特別賞、パチ7MIP、FunTV MIP、各賞のトロフィー

選考委員会:
これまでに登場したAプロジェクトの4機種の中でも、特に『ハナビ』が大ヒットとなりましたが、開発段階から手応えはあったのでしょうか?
ユニバ:
タイトル的にもスペック的にも、Aプロジェクトの過去2機種よりもヒットする手応えはありました。4号機の『ハナビ』は、それまでの技術介入の敷居を下げ、より幅広いユーザーの方々に攻略する楽しさを実感していただいた作品です。時代や中身は違いますが、今作も『ハナビ』がすべき役割をまっとうできたと思っております。
選考委員会:
攻略する楽しさと敷居の低さを実現したのがBIG後のRTですね。このRTには、ほかにも狙いがあったのでしょうか?
ユニバ:
もちろん最大の理由は、4号機『ハナビ』のBIG消化を再現することですが、4号機と同じくらいボーナス消化を長く遊技していただきたいというのもありました。4号機のAタイプは、BIG1回の消化に平均50G程度かかりましたが、5号機では半分程度になってしまいます。そのため、RT中もボーナス中に見えるように工夫しました。これにより「ボーナスを引き延ばす」というゲーム性のほかに「ボーナス中にボーナスが成立する」という4号機にはない魅力も追加することができました。
選考委員会:
ボーナスの消化速度にもこだわりがあったとは驚きです。そのようなこだわりは、RT以外の部分にも当然あることかと思います。特に気を配ったことはどこでしょうか?
ユニバ:
あらゆる部分での『ハナビ』らしさ、および4号機らしさです。出目バランスや、遅れの頻度と期待感といったゲーム性の部分はもちろん、フラッシュの見た目や時間、音や払い出しのスピードなど……当時から打たれている方々にノスタルジーを感じていただけるようにこだわりました。
『ハナビ』 『ハナビ マットブラックVer.』

選考委員会:
そのようなこだわりは、4号機をしらない方々にも浸透したかと思います。新パネルも登場し、ますます『ハナビ』のファンが増えるかと予想されますが、この新パネルも中身は同じでしょうか?
ユニバ:
『サンダーVリボルト』と同様にリール幅が狭くなり、より4号機に近くなりました。また、リプレイ入賞時にもコイン投入が可能となっています。それ以外については変更ありません。
選考委員会:
ART機能のメイン基板管理や営業形態の変更など、ますますAプロジェクトへの期待は高まっていくことが予想されます。ファンに向けて2016年の抱負をお願いいたします。
ユニバ:
Aプロジェクトは、毎作品ごとに異なるコンセプトで開発しております。『ハナビ』のように幅広い方々に打っていただける機種はもちろん、マニアックなニーズに応えて開発することもあります。どの機種にも共通しているのは、良くも悪くもコンセプトに特化しておりますので、趣旨がご理解いただければ楽しんでいただける自信があります。既にAプロジェクトでお好みの機種がある方も、そうでない方も。たまには別の機種を打っていただくと新たな面白さを発見できるかもしれません。
2016年もそんな新たな選択肢を皆さまに提供できるよう開発を行ってまいりますので、どうぞご期待ください!
選考委員会:
ところで、山本さんは『ダイナミックサンダーV』の生配信の際に“サンダー山本”と仰っていましたが、Aプロジェクト4機種の中でお好きな機種は?
山本氏:
基本的にノーマルタイプが好きなんですが、やはり最近のお気に入りは『ハナビ』ですね。
選考委員会:
なるほど(笑)。本日は、ありがとうございました。