パチンコ・パチスロAWARD2015 > MIP発表!【BASHtv】

MIP発表!!
パチンコ部門
ぱちんこCR聖戦士ダンバイン(サミー)
ぱちんこCR聖戦士ダンバイン(サミー)

【選評】
 BASHtv内で最も印象に残った機種は、高継続とゼロアタッカーの融合による爽快感でメンバー・編集部内でも多くの声が上がった『ぱちんこCR聖戦士ダンバイン』(以下ダンバイン)を選出しました。

本機の一番の魅力は、やはりラウンド終了画面からST開始までのノンストレス+スピード感を可能にした「ゼロソニック」ではないでしょうか。それに加え高継続率による一撃性能。そしてすべてのシーンで高揚感を掻き立たせてくれる搭載楽曲にも魅力があり、総合的にも評価が高くMIPにノミネートする運びとなりました。

50%という振分けに嫌われると厳しい部分もありますが、それを乗り越えた後の期待感・爽快感は、一度味わってしまうと病みつきになりますね。

メンバー・編集部の声としてはやはり「ゼロソニック・ST中のスピード感・楽曲全てが素晴らしい(よっしー)」、「50%の壁に阻まれても、意外と時短中に引き戻せるので苦にならない(編集部員)」、「とにかくスピード感(編集部員)」と称賛の嵐でした。

今後、ダンバインに続くゼロソニックを搭載した機種にも期待、というところです。

【コメント】
惜しくもMIPにはならなった機種でも魅力的な機種は多く、選考には非常に時間を有しました。

当たりの軽さとラウンド中の自力間で楽しませてくれた『CR SUPER電役ナナシーDX』(以下ナナシー)。
連チャン率は決して高くはありません。…がしかし、ラウンド中にDXチャッカーに入れ大当たりを獲得するというシステムにより、パチンコ本来の楽しさを体感できるという点が高評価を得て選考機種にノミネートとなりました。

他にも100%STにも関わらず、高継続率を実現し人気を博した『CRデビルマン覚醒』。
ゲームからのコンテンツで高い人気を誇り、演出バランスや搭載楽曲でファンを魅了した『CRペルソナ4 the PACHINKO』。

このように、選考段階で悩ませてくれる機種が非常に多かったのですが、やはりMIP機種には一歩及ばずといった形の結果となりました。

選考過程で話題にあがった機種
  • CR SUPER電役ナナシーDX(豊丸産業)

    CR SUPER電役ナナシーDX(豊丸産業)

  • CRデビルマン覚醒(EXCITE)

    CRデビルマン覚醒(EXCITE)

  • CRペルソナ4 the PACHINKO(タイヨーエレック)

    CRペルソナ4 the PACHINKO(タイヨーエレック)

パチスロ部門
パチスロ ゴッドイーター(山佐)
パチスロ ゴッドイーター(山佐)

【選評】
 『パチスロ北斗の拳 強敵』や『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』など数々の注目機種がある中でBASHtvが選らんだMIPは『パチスロ ゴッドイーター』になりました。

戦うアラガミによって、引くべき小役や報酬などが異なる点。
ATレベルや結合崩壊など、目には見えないところまで緻密に作り上げられた「ゲーム性」。
AT終了時でも、小役を引ければどうにかなる「自力感」など様々な魅力が詰め込まれた本機。

さらに、弱チェリーやスイカからのCZ当選やAT終了後のモード移行など設定判別のしやすさと高設定は、出玉が安定しやすいなども好印象ですね。

その他にも、キャラのカスタム機能や美麗なアニメーション、ATが継続するたびに展開するストーリーは数多くの人を虜にしたこと間違いなしでしょう。

本機がデビューした当初はあくまで「ミリオンヒットしたゲームコンテンツ」として有名でしたが、今ではテレビアニメでも放送されるなど色々な分野でその類希なるコンテンツ力を遺憾なく発揮しています。

残念ながらデビュー時期の兼ね合いで、今回は選考対象とはならなかったものの11月にはスペック違いの『パチスロ ゴッドイーター 荒神Ver.』も登場し、多くのホールで活躍しています。今後もこの『ゴッドイーター』というコンテンツには目が離せないだろうという思いもあり、選出するに至りました。

山佐さんと言えば、『鉄拳2nd』や『モンキーターン』など名機と呼ばれる機種を輩出されているメーカーさんでもあります。
来年以降もゴッドイーターのような素晴らしい機種に期待しています!

【コメント】
その他の候補としては歴代の北斗シリーズから継承されている中チェの熱さと、転生のAT中のシステムなどを融合・進化させた『パチスロ北斗の拳 強敵』。

4号機の懐かしき時代を彷彿とさせる出目や演出を継承させた『サンダーVリボルト』。
神々の系譜をモチーフに改良を重ね「ゴッド」というコンテンツを昇華させた『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』。
以上の3機種が候補に挙がりました。

この3機種で共通することは、以前人気を誇った後継機という点です。
いずれの機種も前作のよいところを取り入れ、今の仕様にあった形に仕上がっています。

後継機はどうしても前作と比較されがちですが、その比較を乗り越え尚人気を誇るこの機種は、MIPにふさわしいという評価もありノミネートされました。

スロットも日々進化を続け、新しい機種が生まれる中で、このような形で継承や進化した懐かしの機種を打てるのは本当に幸せなことだと思います。
来年もこのような機種が出ることを祈っています。

選考過程で話題にあがった機種
  • パチスロ 北斗の拳 強敵(サミー)
     

    パチスロ 北斗の拳 強敵(サミー)

  • サンダーVリボルト(アクロス)
     

    サンダーVリボルト(アクロス)

  • ミリオンゴッド-神々の凱旋-(ユニバーサルブロス)
     

    ミリオンゴッド-神々の凱旋-(ユニバーサルブロス)

各サイトが選んだMIP 各サイトが選んだMIP

  • 777@nifty
  • Pachinko Village
  • パチ7
  • パチストPGQ
  • ニコナナチャンネル
  • FunTV
  • BASHtv