佐々木真のパチスロ1分講座
ARTでのSINの役割
2012/09/05

5号機初期のART機の主流システムは、色違いなど複数のチェリーのいずれかが入賞するとパンクするものでした。これだと、左リールの配列も単調になりがちですし、ナビが出ない限り通常時から全てのチェリーが獲得できず。スペックがダウン&プレイヤーのストレスが溜まってしまいます。

そこで、目を付けられたのがSINです。0枚役なので、通常時に取りこぼしてもプレイヤーのストレスはゼロ。最初にSINをこの形で使ったのが『戦国無双』でした。5号機初期のART機で、山佐が大ヒットを飛ばし続けたのは、このような細かいところも煮詰めていたからでしょうね。


前の記事へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の記事へ






このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る