佐々木真のパチスロ1分講座

第15回

3枚掛け専用機が多い理由は?

更新日:2012/03/05

最近の機種は3枚投入しないとリールが回ってくれない3枚掛け専用機ばかりとなっています。

これは、パチスロ機がデビューするために必要な保安電子通信技術協会(通称:保通協)の試験をパスしやすくするためです。「1枚掛け・2枚掛け・3枚掛け」と用意していたら、出玉試験を3回分も受けなくてはいけません。うっかり1枚掛けでボーナスでも当たっちゃったら大変。試験費用の181万200円が飛んでいきかねません(もっとかかるという噂も聞いてますが)。

ちなみに、この試験費用。全体の値下げや、途中で試験を打ちきった際の一部返金を総務省から勧告されています。



前の日の日記へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の日の日記へ


Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.