佐々木真のパチスロ1分講座

第27回

パチスロの抽選の仕組み

更新日:2012/04/02

パチスロの乱数の総数は「65536」と書きましたが、実際はどのように抽選しているんでしょう? 簡単に説明してみます。

「256×256」の方眼紙の1マス1マスに「BIG」とか「リプレイ」とか書き込んでいきます。そこに、ズバババっと光が走って停止した位置に書いてあった言葉に従います。光の走る速度は、1周の周期0.05秒以内です。

ちなみに、その方眼紙のどこに今いて、どのタイミングで抽選させれば……という狙い打ちは可能。ただ「どこにいるのか」がさっぱりわかりません。体感機などを用いれば可能かもしれませんが、絶対にホールに持ち込まないように!



前の日の日記へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の日の日記へ


Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.