佐々木真のパチスロ1分講座

第75回

『マジカルハロウィン2』が4号機なら

更新日:2012/08/01

前回からの続きです。『マジカルハロウィン2』のリール配列をご覧になっていただけましたか?

赤7絵柄は各リールとも1つずつしかありません。このリール配列が4号機以前なら、実は大変な機種となってしまうんです。当時は、有効ライン数とBIGが揃う組み合わせ数で、ボーナス抽選確率の幅が決められていました。1ラインで1通りの組み合わせだと、どんなに高くしても1/7124が上限です。『ミリオンゴッド』のPGG並みの確率となることでしょう。

この確率の幅が撤廃されたので、BIG絵柄の少ない機種が多く登場することとなりました。



前の日の日記へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の日の日記へ


Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.