佐々木真のパチスロ1分講座

第115回

ゲーム数固定RTの具体例

更新日:2012/11/07

少々難しくなってきたので、具体例を増やしましょう。『クレアの秘宝伝』と同様のプチRTシステムを採用していたのが『うる星やつら2』。

そのプチRTの威力を少し増やして、連チャン性をプラスしたのが『スカイラブ』&『スカイラブ2』ということになります。……という流れにすると説明しやすいですが、こちらのほうが先に出たていたりします。

それも『リンダの狙い撃ち』や、初代『超お父さん』からのバランス変更だったりしますが。押し順ナビなしでも、豊かなゲーム性を生み出せる方式と言えるでしょう。最近だと『ひぐらしのなく頃に』もそうですね。



前の日の日記へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の日の日記へ


Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.