佐々木真のパチスロ1分講座

第161回

フリーズは2段階抽選もOK

更新日:2013/03/08

メイン基板で制御するということは、各成立役の乱数にそのまま「フリーズさせるか」を書いてしまうのが一番簡単です。例えば、BIG単独成立が256/65536だとして。

16/65536…フリーズ+BIG単独 & 240/65536…単独BIG

こうすれば、BIG単独成立の1/16でフリーズすることになります。ですが、このフリーズ機能。BIG単独成立が抽選された時の1/16でフリーズさせることも可能なのです。なので『ツインエンジェル2』のように、フリーズ+BIGの確率が1/65536よりも低い機種も出てきます。



前の日の日記へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の日の日記へ


Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.