佐々木真のパチスロ1分講座

第191回

禁則処理の緩み

更新日:2013/05/29

条件付きリーチ目は、厳密に言うとリーチ目ではありません。それが証拠に、ボーナス未成立時でも「そのスベリ条件」が発生してしまうこともあるからです。いや、最近の5号機には少ないと思いますが。

前回名前を出した『タコスロ』は、左リールのスベリ+中リール3コマ以内のスベリで2リール確定のリーチ目になるものがありました。しかし、その出目は神速で左→中と止めてしまうと、ボーナス未成立のスイカでも停止してしまったのです。リール制御の処理が追いつかない時でも、リーチ目を出さないようにするのを「禁則処理」と言いますが、条件付きリーチ目は、その処理が緩むこともあるのです。注意しましょう。



前の日の日記へ 佐々木真のパチスロ1分講座 TOPへ 次の日の日記へ


Copyright(c) NIFTY 2012 All Rights Reserved.