777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > ゲン担ぎ(椿鬼奴)
吉本芸人コラム
椿鬼奴
椿鬼奴
無類のぱちんこ好きで、休日はぱちんこ屋に入り浸っている。
自身のネタには、積極的にぱちんこを織り込むほど、ぱちんこを愛してやまない。
椿鬼奴

ゲン担ぎ

公開日 2013/01/09
パチンコファンの皆さんこんにちは! 新宿渋谷界隈のホールを潤す優良パチンカー椿鬼奴です。
皆さんはパチンコに行く時に、どんなゲン担ぎをされてますか? 私は銭亀を財布に入れたりニシキヘビの皮を財布に入れたり、ねずみ小僧の神社の石を削った粉を財布に入れたりしてゲン担ぎしています。とても心強いグッズなのですが、パチンコに行く時に毎回持っていると結局勝ったり負けたりして効果があるのかわからなくなってしまいます。それらの携帯型のグッズを「静」のゲン担ぎとするならもっと臨機応変に対応できる「動」のゲン担ぎはないだろうか。と『AKB』を打ちながら考えていると、角台に座っているおじさんが大当たりを引き連チャンしています。しばらくするとおじさんはその隣のおばさんにコーヒーを差し上げていました。何気ない、いつものホールの風景です。しかし! 私の中の保留玉が赤く変化しました。「ツイている人からもらった物を飲む」という「動」のゲン担ぎがホールでは当たり前のように行われているではありませんか! そうかこれだ! 私の中のPフラッシュが発動、確定です。食べ物で勝ちに行く! パチンコに行く前に食べて勝てる食べ物を探す、見つける、そういう研究者に、俺はなる!

思いついてすぐ私はある人に相談しに行きました。
ボルサリーノ関さんはいつもお世話になっている先輩です。関さんのお宅にお邪魔すると関さんは必ずお料理を作ってくださいます。そのお料理は美味しいのはもちろん、品数、バラエティに富んだメニューにはいつも目を見張るばかり。料理が美味しいのでついつい長居してしまい、浅間山荘の立て籠りさながらに朝まで居座った日が何度もありました。そのうち関さんは、ただ美味しいだけではなく、その人の体調を気遣うなど食べる人のTPOに合った食べ物を作るようになり、ついには中国の陰陽五行を取り入れ食材の気を知り、運気を上げるメニューを創作。その人が恋愛運を上げたいならこの食材を使ったメニュー、仕事運を上げたいならこの食材とこの食材を使ったメニュー、という風にその人の健康から望みまで気遣われるようになったのです。その反響は大きく、関さんの作る開運メニューはパワーフードと呼ばれ、そのレシピを紹介するアプリ(関好江「開運パワーフード」)、書籍(ボルサリーノ・関「よしもと印の元気になるおばんざい」)は好評発売中です。

そんな関さんにご相談すればきっとパチンコに行く前に食べると良い食材を教えてくれるに違いない。早速伺うと「○○も良いし△△も良い、朝から行くなら××も良いし……」と何種類も提案してくださる! これは一つの食材に絞るのは難しそうです。それならば! 私が実際パチンコに行って実践してみよう。関さんから勧めていただいた食材を一品食べて一回パチンコに行き結果を記録。これを続ければ勝負に強い食材がわかってきます。最強食材を決める大会をこのコラムでやって行こう。
ルールは以下の通り。関さんに勝負運の上がる食材を二品挙げて頂く。次の連載までに私が二回ホールに行く。それぞれの食材を勝負前に食べる。出玉の多かった食材が勝ち抜け。次の連載までにもう一品関さんに推奨食材を伺い、勝ち抜いた食材とバトル。こうして5回勝ち抜いた食材をPPF(パチンコパワーフード)に認定する。
夢いっぱいのPPFGP(パチンコパワーフードグランプリ)、開幕です!

さて、第一回目の食材の発表です。一品目、ウルメイワシ。二品目、鮭。
関さん曰く、小魚の干物は食べるとうまく立ち回れるそう。立ち回りとはその人のセンスが出るパチンコに欠かせない技術。小魚の干物ならなんでも良いそうですが、手軽に食べやすいおつまみのウルメイワシを用意する事にしました。そして鮭は五行で言うと火の気を持ち、火の気は勝負運を上げるとの事。鮭ならおにぎりがコンビニで買えて便利。
記念すべき第一回目のバトルは魚対決となりました。どちらの食材が勝てるのか、次回、請うご期待!

前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る