777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 一回戦はカタクチイワシVS鮭(椿鬼奴)
吉本芸人コラム
椿鬼奴
椿鬼奴
無類のぱちんこ好きで、休日はぱちんこ屋に入り浸っている。
自身のネタには、積極的にぱちんこを織り込むほど、ぱちんこを愛してやまない。
椿鬼奴

一回戦はカタクチイワシVS鮭

公開日 2013/02/06
パチンコファンの皆さんこんにちは! 久しぶりに『冬のソナタ2』を打って感動したけどストーリー系の初雪リーチを外し黙り込んだ椿鬼奴です。
さて、前回から始まりましたPPFGP(パチンコパワーフードグランプリ)! ボルサリーノ・関さん監修のもと、何を食べてパチンコを打つと勝てるのかを調べ、勝負において最強の食べ物を決めるこのグランプリの実践報告をさせていただきます。

一回戦はカタクチイワシVS鮭。(お詫び:ウルメイワシがスーパーで用意できず長崎県産食べる小魚カタクチイワシになりました。関さんに確認しましたらカタクチイワシでも大丈夫との事です。ご了承ください)まずはカタクチイワシを食べてホールに臨む。バトル台は『CRフィーバータイガーマスク2』大当たり確率は1/392.4で辛めだが、ウルトラタイガーボーナスを引ければ約2,016玉。スタートです。

打ち始めると保留玉が青色の「怪」に変化。これは!と思うも特に発展もしないノーマルリーチで終わる。やはり保留は赤くないと期待薄らしい。その後「虎」が止まる擬似連が絡む方がより良い事もわかるが、なかなか擬似連が決まらない。リーチもほとんど来なくなる。仕方ないので必殺「冷やし」(しばらく打たずに台を冷やす事)を敢行するも好転せず。結局大人しいまま終わり、「洗濯機がなくても、私の手があるわ」というルリ子先生の素晴らしいお言葉だけを胸に、店を出たのでした。結果0玉……。なんとも切ない初戦でありました。

続いては鮭です。鮭のおにぎりをいただいて挑みます。バトル台は『CRスキージャンプ・ペア2』SJPラッシュ突入確率1/199.5、SJPラッシュは2R(50玉)×18回リミッターの大当たり。スタートです。
この台には数字がなくジャンプのペアが揃うとリーチ、ジャンプして着地が成功すればSJPチャンスに挑戦、クリアすればSJPラッシュに突入と、ほかの台とはちょっと違う趣向の台です。
スタート後しばらくしてフィンランドでリーチ。リプレイになったので少し期待。すると、よく見るとスキー板がフランスパンになっている。ギョ! 熱いのか熱くないのかわからない。と思っていると転倒。そりゃそうよね、パンじゃ着地できない。
しばらくすると今度はオランダでリーチ。今度は頭に相手のお尻を乗せて飛んでいる。チューリップという技らしい。ちょっとこれも無理そうだ、と思ったらあっけなく着地成功。だいぶ驚く。ここからがSJPチャレンジだ。タイミングよくボタンを押し着地したら成功との事。スタートするとペアと子供の三人でジャンプ。家族ジャンプか……羨ましいと思いながら見守る。すると着地成功! 派手にSJPラッシュ突入だ。出玉は少ないがメーターがゼロになるまでにラウンドがプラスされればどんどん出玉を期待できる。と、思っていたのに、ラウンドはプラス1しかされずあえなく終了。結果は812玉……。なかなか厳しい。
という訳で、カタクチイワシを食べた結果が 0玉、鮭おにぎりを食べた結果が812玉。これを勝ちと言って良いのか微妙だが、勝者は鮭に決定しました。

さて、次回のパワーフードの発表です。勝ち残りの鮭と対決するのは、「野菜サラダ」です。関さん曰く、葉野菜やキュウリは木の気を持ち、植物が種子 → 開花 → 結実とどんどん続いていくようにチャンスが発展していくそうです。鮭VS野菜サラダ。乞うご期待!
前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る