777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 「相性」 と「きしょいかどうか」(モンスターエンジン 大林)
吉本芸人コラム
モンスターエンジン 大林
モンスターエンジン 大林
人間と神様の2つの顔を持ち、暇を持て余すとぱちんこ屋へと足を運ぶ。
彼女とケンカした際、ぱちんこ屋の前で10回位往復ビンタされた過去を持つ。
モンスターエンジン 大林

「相性」 と「きしょいかどうか」

公開日 2013/02/20
お久しぶりです。モンスターエンジン大林です。今回でこのコラムも3回目です。一体どれくらいの人がこのコラムを読んでいるのでしょう? 「あのコラムええなぁ! また次も楽しみに待ってるで!」などの声は僕のところへは届いておりません。
でもいいのです。僕が一番楽しんでいますので。

今回はあまりパチンコを打ちに行く時間がなく、どうしようかと困っていました。
そんな時少し空き時間ができ、後輩の「藤崎マーケット」田崎君とご飯へ行ったのです。そんな田崎君を少し紹介しておきます。数年前ラララライ体操で大ブレイクした藤崎マーケット。今は大阪で漫才をコツコツ頑張ってやっています。漫才もすごく面白いですよ。
田崎君はなんでも持っています。以前楽屋で、どうしても安全ピンが必要で探していると、「兄さん、僕持ってますよ」と言ってきたことがありました。ありがとうとは言いましたがカバンの中に常時安全ピンが入ってるのは少しきしょいと思いました。
そんな田崎君とご飯のあとパチンコを打つことにしたのです。ただ、僕は何度かこんな感じで田崎君とパチンコを打ちに行ったことがあるのですが、いい思いを一度もしたことがないのです。一緒に行けばほぼ勝てるという子もいるので、田崎君とは本当に相性か悪いんです。そんな田崎君は太っているのでご馳走したご飯もアホみたいに食べていました。ちょっとだけきしょいと思いました。
今回、どの台を打つかは田崎君任せにしました。田崎君が打ちたい台の横に座るという、データなどを無視する決め方です。田崎君は「タイガーマスクを打ちたい」と言いました。『タイガーマスク』は2台キレイに空いていました。もう負けそうな感じがプンプンしていました。
すごいスピードで1万円なくなりました。一度「ガッタイガー」+「熱虎」も出ましたが、田崎君パワーには勝てず、あっさりハズレました。
田崎君には熱いリーチすらきてませんでした。
打ってる最中はほとんど話もしませんでしたし、なぜ今並んで打ってるんやろ?とそんなことばかり考えていました。
僕の方が田崎君より早く1万円使い切り、田崎君は僕の気を使って500円残してやめました。気を使ってくれて優しいなぁと思うのと500円は残すんや、きしょ。とも思いました。
店を出て楽屋へ戻る帰り道。老舗のおはぎやさんの前を通りました。
すごい列ができていて、田崎君が「うまそ〜」と言いました。さっき飯食べたのに。と言いました。田崎君は「えへへ」と返すだけでした。きしょ。と言いました。
パチンコを知り合いと並んで打つ場合、「相性」 と「きしょいかどうか」もわかっておいた方がいいと僕は思います。

前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る