777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 「鮭」VS「野菜サラダ」(椿鬼奴)
吉本芸人コラム
椿鬼奴
椿鬼奴
無類のぱちんこ好きで、休日はぱちんこ屋に入り浸っている。
自身のネタには、積極的にぱちんこを織り込むほど、ぱちんこを愛してやまない。
椿鬼奴

「鮭」VS「野菜サラダ」

公開日 2013/03/06
パチンコファンの皆さんこんにちは!
パチンコ店を経営している20年来の友人の「遠隔操作は絶対にない」という言葉より、初めて会ったタクシーの運転手の「この前、遠隔操作の機械を作る会社の人を乗せた」という裏の取れない情報を信じてしまう椿鬼奴です。

PPFGP(パチンコパワーフードグランプリ)第3回! ボルサリーノ・関さん監修のもと、勝負における最強の食べ物を決めるこのグランプリの実践報告をさせていただきます。今回のバトルは一回勝ち抜いた「鮭」VSニューカマー「野菜サラダ」です。
まずは鮭。昼過ぎに軽く鮭弁当を食べてホールへ。バトル台は『ぱちんこAKB48』。大当り確率は約1/199、出玉は500個 or 1000個 or 2000個。あまり出玉は狙えないが、時間がない時でも大当りを味わえる忙しい現代人に優しい台だ。5時前なのでホールは人もまばら。

選び放題となると、とりあえずカド台に座る。しかしまったくリーチが来ない。ライトミドルでこう大人しいのは厳しいと判断し3,500円で隣へ移動。谷村ひとし先生の言う「カニ歩き」ができるのも不規則な仕事をしているお陰だ。OLさんだと、残業がないとしても、会社の隣にホールがあったとしても、制服がなく着替えなくていいとしても、ホールに着くのは17:03にはなるだろう。こういう時芸人をやっていて本当に良かったと思う。とどうでもいい考え事をするのもリーチがまたしても来ないからである。やはり3,500円打って移動。
やっとちょいちょいリーチも見られるのでしばらくこの台で行こうと決めた2,500円目、保留の変化もないのにサイリウム(光る棒)の色がレインボーに! 青→黄→オレンジ→緑→赤の順で熱さが増すはずだが、レインボーは確定か!? A・K・Bの図柄が揃いAKBチャンスへ。推しメンがともちんなのでチームKを選ぶ。Kの歴史を振り返る演出を見て、みんな苦労してるんだなと感心しサプライズボタンを押す。見事大当たり。ありがとうK!と喜びも束の間二回で終了。1140玉……。もっと伸びると思ったのにK……。

続いては野菜サラダ。別日の午後、コンビニの葉野菜多めのサラダを食べてホールへ。バトル台は『CR北斗の拳5覇者』大当り確率は1/397。当たりまでの道のりが長そうだが、出れば出玉は期待できるし「新台だから出るっしょの奇跡」を信じて臨む。すると1,000円使った16回転目、保留が赤に変化。擬似連はないもののいきなりラオウVSフドウのSPリーチへ発展。ラオウは熱いがフドウには何度かガッカリさせられているので少し不安だ。
リーチのクライマックス、フドウが哀しい目でラオウを見据える。つられて私も哀しい目になり、ダメかも、そうだよね、いつも期待しては裏切られる、知ってるのになんで私は今日もホールで座ってるんだろう、結局栄光を手にするのは一部の人間だけだ、民衆は国に押さえつけられて改革なんてできっこないんだ、あぁ無情、と哀しみが哀しみを呼び諦めの境地に。その瞬間! ラオウが引いた。フドウが勝った。当たったのだ。今回の北斗はボーナス消化が早い。喜びを噛み締める暇もないほどだ。
さあ、北斗はここからが面白い。バトルこそが北斗と言っても良いだろう。新たにトキが参戦し、ラオウ、ケンシロウの3人から選べる事になっているが、要領を得ず選び損ない、バトルの命運をケンシロウに託す事になる。ケンシロウなら敵のレベルを知っているのでまあい良い。サウザーが現れないように祈るばかり。すると、ジャギが現れバトル開始。幸先がいい。一度倒れるもリンの「ケーーーーン」で復活。出玉数の多い7に昇格。復活パターンは心臓に悪いが7の連荘が期待できるので嬉しい。予想通りアミバ、シンと順調に勝ち進み、気付けば8連荘。7も多く引けて12,450玉を叩きだす。MAXタイプで不利かと思われた野菜サラダの、圧倒的な勝利であった。

前回に引き続き出玉は少ないながらも、短時間で当たりを引いた鮭。結局パチンカーは当たりを見たいのだから鮭もなかなか勝負に強いパワーフードである。鮭の無念を胸に、次に進め! 野菜サラダ!

さて次回のパワーフードの発表です。新たな挑戦者は、「トマト」です。関さん曰く、トマトは火の気を持ち、その語源は古代アステカ語で「膨らむ果実」。チャンスが膨らむ、リーチも膨らむパワーを持ちながら、ついでに恋愛運もUPするお得なパワーフードだそうです。ちなみにトマトも野菜サラダに入るのではありませんか、というクレームは一切受け付けませんのでご了承ください。
次回「野菜サラダ」VS「トマト」のヘルシー対決、乞うご期待! 

前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る