777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 女の『パチンコ冬のソナタ』(タカダ・コーポレーション大貫)
吉本芸人コラム
タカダ・コーポレーション大貫
タカダ・コーポレーション大貫
1980年に起こった一億円拾得事件で1億円を拾ったトラック運転手の孫である。漫画家を目指していたこともあり、漫画の賞レースで最終選考にも残る腕前。パチンコもかなりの腕前。
タカダ・コーポレーション大貫

女の『パチンコ冬のソナタ』

公開日 2013/04/17
最近はパチンコをする女性が増えてきていますね。同じ女としては嬉しい限りですが、やはりまだまだ男性が多い印象。
先日、私は新台で出た『ぱちんこ冬のソナタ Final』を打つために、朝から行きつけのホールで並んでいました。「朝から」と言っても、その前に深夜稽古があり、早朝に終わった後それから数時間待機した末に並ぶため、体力的には少々キツめです。
しかしそれでも並ぶのは、「稽古明けで並ぶときは勝率が良い」という自分の中のジンクスがあるためなのです。
開店前にパチンコ店に並ぶ行列。その中には極めて女性が少ないです。その日も私一人。列に並びながら街行く人々を観察してみても、女性は皆駅の方角へ足早に向かう人ばかり。平日の朝並びは、出勤時間帯とモロ被りなのです。

一般の人は職場へ向かう時間、朝から並ぶ女猛者はいないか……と諦めていた時……。
ドタドタドタドタ!! と大地を揺るがすかの如く足音が。足音の方を見ると、なんと女性! その女性は列の後方へと走って行きました。そして列を整理していた柵を乗り越えた! な、並んだ! 並んだ! あの人目を気にしない走りっぷり! 一人でも前の列に並びたいという欲望むき出しの眼光! 女猛者は現れたのです! いやぁ嬉しい! 女同士、一緒にホールを盛り上げていきましょうと、私は心の中で密かに誓いを立てました。

開店ー。無事『ぱちんこ冬のソナタ Final』に着席。大当たり確率約1/319.7、確変突入率65%のミドルタイプ。時短も100回転あり、女性や初心者の方にも優しい台ではないでしょうか。今回のfinalでは、アニメシーンの演出もあり、やはりなんと言ってもドラマ本編には無かったウェディングシーンが見られるというのが嬉しいですね。私はドラマもすべて観ていたため、思い入れも非常に強い台です。打っているだけで泣きそうになってしまうのです。そんな私の気持ちに応えてくれるように、序盤からまさかのウェディングボーナス! ペ・ヨンジュンさんのタキシード姿のオーラが凄すぎて、稽古明けでお風呂にも入らず台に座っている私のみすぼらしさが際立ちます。

すると、「お飲み物いかがですか?」と、ドリンクメニューを差し出す店員さん。ふと見ると店員さんの顔に見覚えが……なんと、開店前に物凄いスピードで列に並んだ女猛者! どういうことだ!? 一瞬パニックに陥りかけましたが答えは簡単。この女猛者だと私が思った女性は、パチンコの開店前の列に並んだのではなく、列の後方にあった従業員専用入口から店内に入った従業員だったのです。欲望むき出しでいち速く列に並ぶために猛ダッシュしていたわけではなく、遅刻ギリギリで猛ダッシュしていただけだったのです。とんだ勘違いをしてしまいました……私のパチンコ女猛者を探す旅はまだ終結を迎えることができません……。
とは言え、『ぱちんこ冬のソナタ Final』の方は絶好調。結局、閉店間際まで楽しませていただきました。
そしてまたそのまま深夜稽古へ。
私は一体いつ眠れば良いのでしょうか。
しかし夢はホールで見せてもらっているので、それで満足なのです。

(その日の稽古が終わって帰宅後に爆睡したことは言うまでもありません)

前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る