777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 究極の大当たり(LLR福田)
吉本芸人コラム
LLR福田
LLR福田
東京のよしもと住みます芸人:学習院卒でパチンコに関してはパチンコライター顔負けの知識と経験値の持ち主(プロフィール写真左)
LLR福田

究極の大当たり

公開日 2013/06/12
どうも、LLR福田です。
皆さん愛のある素晴らしいパチンコライフを送っていますか?


前回はパチンコを「愛する」ということについて色々書かせていただきました。
今回はもう少し具体的で実戦向きなことを書いていきましょう。

さて、皆さんはパチンコを打つ時に一番胸が躍るのはどの瞬間でしょうか?

やはり、

「大当たり」

した時でしょうか?

確かに「大当たり」の瞬間は胸が震えますね。

しかし、そこに至るまでのプロセスをもっと楽しむことができたら、
その大当たりは今迄の「大当たり」の何倍もの快感を得ることができることでしょう。

なので、今回はどの様にすればその「大当たり」、言うなれば「究極の大当たり」とでも言いましょうか、それを迎えることができるのか?

それを皆さんにお伝えしていきましょう。

まず、台選びです。

どの様な台を選べば良いか?

基本的にはどの台でも良いんですが、僕のお勧めは

「その日1回も当たっていない台」



「めちゃくちゃハマってる台」

です。

なぜか?

台の「波」などと皆さんはお考えでしょうが、

全く違います。

僕はパチンコにおいて「波」などのオカルト的発想はまるで信じていません。

なので、「ハマってるから出やすい」とか、「朝一がどうだ」とか、全く「究極の大当たり」とは関係ありません、パチンコは絶対確率なので。

じゃあなぜか?

「気持ち」

です。

打ち始めに相応しい回転数などないのなら、そこにあるのは

「気持ち」

だけなのです。

大当たりゼロ回の台を当てるということ……

それは、まだ誰にも汚されていない真っ白なキャンパスに自分だけの色を落とすのと同じこと

まるで初恋のあの時の様に……

ハマってる台を当てるということ……

それは、散々色んな男に声を掛けられてもまるで見向きもせず、お高くとまって一人でワインを飲んでいる、そんな女性を落とすのと同じこと

圧倒的な制圧による高揚感……

どうですか?

単純にこんな台選びだけで、いつもの「大当たり」とはすこし違った「大当たり」になるのです。

そして次に台を打ち出したら

必ず観なければいけないところがあります。

それはどこだと思いますか?

デジタルですか?

セグですか?


違います。


「スタートチャッカー」です。

「スタートチャッカー」から目を離さないでください。

なぜか?

「究極の大当たり」を目指す上でセグを見るという行為はかなりのナンセンスです。

やはり大当たりはデジタルで確認したいものです。

なのでセグは出来るだけ見ない様にしましょう。

「じゃあ、デジタルを見るんじゃないのか?」

皆さんはそう思うでしょう。

そりゃあデジタルを見なきゃパチンコは成立しません。

しかし、毎回ただただ数字が回転しているのを見ていたらどんな人でも飽きてしまいます。

飽きてきて、気持ちが萎えてきたら流石に気持ちいい「大当たり」には近づかないですよね?

それでは「究極」とは言えない……

できるだけ、飽きることなく「大当たり」を待つ

そのために「スタートチャッカー」を見るのです。

「そんな、スタートチャッカーに玉が入るのを見て何が楽しいんだ!!」

と皆さんお思いでしょうが、

玉が入るのを見ているのではないのです。

「どうやって玉が入っているのか」を見るのです。

だまされたと思って見てみてください。

ただ単に玉が入っている様に見えて、実は玉達はチャッカーにさまざまな入り方をしているのです。

スポッと綺麗に入る玉……

何回も弾かれた後チャッカーに吸い込まれる玉……

確実に入らなかったのに、もう一つの玉のお陰で見事に入る玉……

一つとして同じ様な入り方をしている玉はない

磨き上げられたダンスを観ている様なそんな幻想的な雰囲気すら漂わせる……

……その一つ一つを観ていたら、ふと気付いた時には、最高の大当たりはもうすぐ目の前

一寸の飽きも訪れることなく気持ちをMAXに持っていき、後は「大当たり」が来るだけの体制が整えられるというわけです。

そして「リーチ」

やはり「大当たり」に繋がる上で必ず通る道がこの「リーチ」です。

この「リーチ」を楽しむということが「究極の大当たり」には欠かせないことなのです……

では、どの様にすればリーチを楽しむことができるのか?

僕から言えることは一つだけです……

どんな「リーチ」でも必ず

「当たる」

と思って見ててください。

いや、「思う」というよりも「確信」していて欲しい。

なぜか?

人間というものは「当たらない」と思っていたものが当たるサプライズ

それよりも、

「必ず当たる」

「必ず当たるはずだ」

「当たれ!」

という感情のもとで当たった時の「安心感」

もしくは、「達成感」の方が快感が多いのです。

要するに

「一瞬のサプライズ」

より

「強く念じる気持ちの実現からくる達成感」

の方が、あなたの「大当たり」をより格別の存在にするのです。


しかしまあ、これはなかなか難しいもので


やはり人間は弱いので、

「当たらない」

と思ってはずれた時

「やっぱりな……」

と傷つくことから自分を守りたくなってしまうものなのです。

しかし、自分を守りながら手に入れた気持ちの安定は、本当に虚しくささやかなものなのです

「当たる」

と思ってはずれた時のショック

それは果てしないものです……

しかし、その悲しさや辛さは次の大当たりへの最高のエッセンスになるのです。

自分から逃げず

現実から目を背けず

理想を追い求めた者にだけ

「究極の大当たり」

が訪れるのです……

最後に注意

「大当たり」した時

強烈に喜ばないこと

「究極の大当たり」には

ささやかな喜びが一番よく似合うので……

さあ、皆さん後はホールに出向いて、「究極の大当たり」を味わうだけです。

皆さんに至高の「究極の大当たり」が訪れますように

今回はこの辺で……

それではまた
前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る