777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 「卵」VS「辛いお菓子」:後編(椿鬼奴)
吉本芸人コラム
椿鬼奴
椿鬼奴
無類のぱちんこ好きで、休日はぱちんこ屋に入り浸っている。
自身のネタには、積極的にぱちんこを織り込むほど、ぱちんこを愛してやまない。
椿鬼奴

「卵」VS「辛いお菓子」:後編

公開日 2013/11/20
パチンコファンの皆さんこんにちは! 中京テレビでやっているパチンコ番組「ノリで行こう!」で共演している田中涼子ちゃんが大活躍! 『ぱちんこ必殺仕事人お祭りわっしょい』よろしくお願いします椿鬼奴です。

PPFGP(パチンコパワーフードグランプリ)第11回目! ボルサリーノ・関さん(関さんの開運パワーフードお料理本「よしもと印の元気になるおばんざい」絶賛発売中)監修のもと勝負において最強の食べ物を決めるこのグランプリの実践報告をさせていただきます。

今回のバトルは、「卵」VS「辛いお菓子」の再対決の後編となります。
前回の実践で卵は苦戦しつつも『ガロ』で挽回し8,750玉を勝ち取りました。果たして辛いお菓子はこの記録を抜くことができるのか!? 辛いお菓子の実践報告です。

辛いお菓子と言えばとにかくカラムーチョ。
今回は移動のタクシーの中で頂く。テレビ局からタクシーチケットをいただいたので思い切ってホールに番長づけ(店の真ん前に車を停める事。まちゃまちゃさんから教えていただいたお言葉です)。
景気がいいからずっとうまくいかなかった『エヴァ』でリベンジを狙おう。『CRヱヴァンゲリヲン8R」』大当り確率は約1/319.7。出玉は4R通常約430個、16R確変約1720個。10回当り104ゲームの台に座る。

すると! 113ゲーム。変動時、コアの役物ガクンと動く。いろいろな演出がたくさん出て擬似でマリちゃん、だがノーマルで止まる。あんなに派手でこれで終わり? と息を止めているとボタン連打の指示が出る、ボタンを押すと擬似が決まる。やっぱり続いていた! シンジ君が赤い目になり「あやなみ!」と叫ぶ、図柄が零、初、弐号機に変わる、ゲンドウ、チルドレンが全員集合する、初号機役物が出る、これって人類が考え得るすべての演出が出てるんじゃない? と思うぐらいの勢い。
そしてレバーを引くと確定音とフラッシュ! 7で大当り! 1500円で出た!

初当りで確定音とかPフラとかサムが出る台は続く印象がある。
その期待通り34ゲームでシンジ君の「ATフィールド全開!」予告が出て7。続いても13ゲームで初号機リーチVS第9使徒、初号機が全速力で走り出すと再び確定フラッシュ!
ロンギヌスの槍が空から落ちてきてそれをつかんだ初号機が使徒にぶっ刺して7の大当り。圧倒的すぎて使徒に同情するほどの演出。

良い流れなのでもっと行くと思ったが次の5ゲーム目のバトルで負け、連打して変わらずダメ、時短に。時短中の赤保留もハズし完全にチャンスが遠のいたような感覚があるが即ヤメできないのが私の悪いところだ。
そのまま200まで回して何もなし。3,750玉残したが1,500玉も使ってしまった。

まだ30分ほどあるのでジャグラーに行ってみる。このコラムでは初スロット! 『アイムジャグラーEX』BB12回、RB9回、430ゲームの台で勝負。
すると、458ゲーム、1,000円でペカッ! このジャグラーの薄紫はいつ見ても良いもんだ。ややハマりのお陰か、BB。そして11ゲーム、再びペカ。BB。ゾロ目のビッグは昔は運命が流れたがひょうきん族の曲に変わっていて驚く。それから100ゲーム超えたので交換。450枚残し。玉にすると2,250玉。エヴァと合わせて6,000玉だ。

前回のクソ試合に比べると数段素晴らしいバトルをお届けできたと思います。
投資金額がかからずに出た辛いお菓子が本来なら勝ちと思いますが、出玉勝負でやってきましたのでここは卵の勝利と致します。
連勝していた辛いお菓子は残念ながら敗退となります。ただスピンオフを見たいぐらい今回の辛いお菓子の勢いはすごかった。敗者復活戦でもあれば必ずまた出会える逸材でしょう。皆さんも是非実践の際は食べてやってください。


さて次回のパワーフードの発表です。
接戦を制した卵と対戦するのは「胡麻」です。関さん曰く金運を司る「金」の気を持つゴマ。「開けゴマ」と魔法の呪文に使われたり、古代エジプトの遺跡からもゴマの不思議な薬効について書かれたパピルスが発見されるほどの神秘のパワーを持つ食材で、劇的な大当りを呼び込む可能性が。
「ごまかす」という言葉は、まずい料理もゴマを加えると美味しくなることからできた言葉なので、イマイチな台をおいしい台に変化させてくれるでしょう。ちなみにアンチエイジングパワーで打ちながら若返りを狙えます。とのことです。

次回、「卵」VS「胡麻」の命の源対決、乞うご期待!

前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る