777@niftyトップ > 吉本芸人コラム > 「リーチ」&「演出」(LLR福田)
吉本芸人コラム
LLR福田
LLR福田
東京のよしもと住みます芸人:学習院卒でパチンコに関してはパチンコライター顔負けの知識と経験値の持ち主(プロフィール写真左)
LLR福田

「リーチ」&「演出」

公開日 2014/03/12
どうもLLR福田です。

さて、このコラムでは毎回パチンコに対する「愛」について語らせていただいていますが、今回は僕が愛してやまないパチンコの「リーチ」、や「演出」について少し語らせてもらいます。


まずは、僕が特に好きな演出の一つ京楽さんの「エアバイブ」。この演出には僕はたまげました。今までの演出といえば、できるだけ派手で、お客さんの射幸心を煽れるだけ煽る、そして周りのお客さんに台の当たりを報せるかのごとく大きな音と光で台を包む。しかし、この「エアバイブ」は光はおろか音も出ません、その台を打っている人間にだけわかるように、ささやかな風がでるだけ。

なんという事でしょう……

さらにこの演出、チャンスアップなどではありません。確定なのです。

大当たり確定なのです。

まさに侍……これぞ日本の心。

慎ましやかに、繊細で、誰に迷惑をかけるわけでもない、それなのに刺激的。だってこのリーチが当たることは、このホールのなかで僕とこの台しか知らないんだから……。言うなれば、大好きなあの娘と二人だけの秘密を共有したときのあのドキドキにも似たような……甘く、そして淡い演出……。

このように矛盾を感じる演出や、機能はやはり打ち手を唸らせます

その昔(そんなに昔ではないですが)『CR花満開極』という台があったんですが、この台についていた機能で、「演出スキップボタン」というものがありました。最近パチンコを始めた方には信じられない機能なんですが、玉がスタートチャッカーに入った瞬間にそのボタンを押すと、すべての演出をスキップして当たっている否かが即座に解ってしまうという機能なんです。

なんということでしょう……

この台のリーチの演出はとても美しくて本当に凝った映像でかなりガッツリ作っています。それがこの台の売りだったのですが、その演出をスキップできてしまうボタンを搭載してしまうなんて……。

まさに粋

決して押し付ける事はなく、すべてを打ち手に委ねる……。

あの凝ったリーチの最中にスキップボタンを押して演出を飛ばした瞬間に現れる大当たり……。まるで自分で大当たりを引き寄せたようなあの感覚。

とてつもない驚き


格別


それはまるで、いつも美しく、少しお高くとまっていあの彼女が突然愛を告げてくるような……衝撃的で、何か少し恥ずかしいような、そんな革命的な機能。

やはりすべての打ち手は「サプライズ」を求めてパチンコを打っているのです……。驚きのすぐ横にはトキメキがあるのですから。そういう意味では『ギンギラパラダイス』は最高の台でした。『ギンギラパラダイス』……通称『ギンパラ』、この台があったからこそ今日のパチンコ業界があるといっても過言ではありません。

そうです、この台はあの「海物語」の前進機、この台から今のホールになくてはならない「海物語」が生まれたのです。

もちろん、魚群もありましたしマリンちゃんもいました。

しかし、この台の素晴らしいところはそんな魚群などの美しい演出を持っていながら、なんとノーマルリーチで当たってしまうというところなのです。

なんということでしょう……

なんの演出もなく、ただリーチがかかる。

いつものようになんてことなくリーチを観ていると、その刹那、大当たり絵柄が当たりラインの一コマ半前から急にスローになる。

まさか……

そして、ゆっくりと吸い込まれる様に絵柄がラインに収まっていく。

そして一瞬の間。すべての時間が止まったかのように……ささやかで……しっとりとして……それでいて体にじんわりと染み込んでくる……。

言うなれば、さんざん美味しく贅沢なものを食べた後の一杯の味噌汁……
言うなれば、たくさんの綺麗な花が置いてある花屋の横にひっそりと咲いているかすみ草……
言うなれば、まるで意識してなかった地味目のあの娘がゆっくりとそして確実に迫ってきて、そして次第に引き込まれ、いつか恋に落ちるような……

そんな悦楽。

パチンコとは本当に素晴らしい。

これだけパチンコを打ってきた僕が、愛してやまない演出。それは、ささやかで、慎ましく、繊細、そして本当に打ち手を楽しませたい、そういう演出ばかり……。

演出をどんどん派手にするだけ派手にしていき、打ち手の事を本当に考えてるか分からない台ばかりを競うように作る昨今のパチンコ業界。もう一度原点に返り、パチンコの素晴らしさを見つめ直してほしい。最近強くそう思います。

トキメキを皆さんに届けられるような素晴らしい台にまたホールで出会えますように……。

今回はこの辺で。

それではまた。


前のコラムへ 吉本芸人コラムTOPへ 次のコラムへ

Copyright(c) YOSHIMOTO KOGYO. All Rights Reserved.



このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る