> > 出目での察知にこだわった「ハナビ」後継機
ニュース
出目での察知にこだわった「ハナビ」後継機
アクロス

ニュース写真
ハナビ
 ユニバーサルエンターテインメントはACROSSブランドのパチスロ新機種『ハナビ』を発表した。

 1998年に登場した4号機時代の名機「ハナビ」を再現。獲得枚数最大311枚のボーナスパートに最大40ゲームのRTパートを追加することで、期待値360枚超のビッグボーナスを実現。RTパートでは当時の「リプレイはずし」も再現している。

 RTパートはともに最大20ゲームの「花火チャレンジ」と「花火GAME」の2段構え。花火チャレンジ中に「JAC IN」(移行リプレイ揃い)すれば花火GAMEへ移行。花火チャレンジをパンクさせないように「リプレイはずし」でゲーム数を引き延ばす部分に技術介入要素を設けた。

 また、技術介入性とともにハナビの代名詞となっている多彩なリーチ目も継承。総数2800通り以上のリーチ目を搭載し、スタート音の「遅れ」やリール消灯と絡ませることで、プレイヤーが思い思いにボーナス察知の楽しみを味わうことができる。

 ボーナスはビッグボーナスの他、獲得枚数104枚のレギュラーボーナスを搭載。納品は2月22日開始予定となっている。

(c)UNIVERSAL ENTERTAIMENT


情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る