> > SANKYO協賛「白鵬杯」に8カ国の子供達が参加
ニュース
SANKYO協賛「白鵬杯」に8カ国の子供達が参加

ニュース写真
 SANKYOが特別協賛する「第五回白鵬杯-国際親善交流少年相撲大会-」が2月1日、東京・両国国技館で開催された。

 同大会は、今年初場所で33度目の優勝を遂げた横綱・白鵬関が名誉会長を務め、「相撲の普及活動を通じて青少年の健全育成を図ると共に、スポーツによる国際親善交流を図る」ことを目的に毎年開催されている。

 今回は日本、中国、韓国、モンゴル、アメリカ合衆国、オーストラリア、ブルガリア、エストニアの世界8カ国から約830名の小中学生が参加。個人戦と団体戦が行われ、丸一日を費やして白熱した勝負が繰り広げられた。なお、団体戦では日本の中泊道場(青森県)が強豪のモンゴルチームなどを退け、優勝を果たした。

 白鵬関は閉会式で、「皆さんが疲れた体で、精一杯悔いのない相撲を取る姿を見て感動しました。あなた方はこの国の宝です。来年もぜひ集まって下さい」と挨拶した。



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る