> > 地域づくりを支援、太陽財団が15回目の助成式
ニュース
地域づくりを支援、太陽財団が15回目の助成式

ニュース写真
助成先団体に目録を贈呈する東原俊郎理事長(中央)。
 北海道のパーラー企業・太陽グループ(東原俊郎社長)の関連法人で、東原社長が理事長を務める公益財団法人・太陽財団は2月13日、札幌市内のホテルで「平成27年度助成対象事業贈呈式」を開催、あわせて助成先団体の関係者らを交えた「地域づくり交流会」を行った。

 15回目を迎えた太陽財団の助成贈呈式。今年度は、地域の伝統を継承する事業や新たなスポーツの普及・定着を目指す事業、福祉の充実を目指した事業など、北海道各地域で行われる18団体の事業に対し、総額1099万7000円を交付した。

 贈呈式では、東原理事長が助成先団体に目録を手渡し、「今回助成させていただいた18団体の事業が道内各地域で賑やかに行われることが、北海道を元気にすることになると思う。15回目の贈呈となったが、20回、30回と続けていきたい」と挨拶した。

 来賓では、北海道総合政策部地域づくり支援局・飛田康彦局長、一般社団法人地域経済総合研究所・岡田康司理事長が祝辞を述べ、太陽財団による長年の地域支援の取組みを讃えた。

 贈呈式終了後には、今年度、前年度の助成先団体の関係者らを招待した交流会が開かれ、参加者らは地域づくりに対して意見を交わすとともに、お互いの事業への理解を深めた。

 太陽財団は北海道での様々な地域づくり活動を支援するため、太陽グループが主体となって平成13年(2001年)に設立。毎年、道内の各団体等への助成活動を続けており、これまでの累計助成件数は264件、助成交付金総額は約1億8580万円となっている。



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る