> > 『パチスロおとめ妖怪 ざくろ』新システム搭載の遊べるART機発表
ニュース
『パチスロおとめ妖怪 ざくろ』新システム搭載の遊べるART機発表
北電子

ニュース写真
 北電子は3月25日、東京本社ショールームでパチスロ新機種『パチスロおとめ妖怪 ざくろ』の内覧会を開催した。納品開始は6月7日を予定している。

 同機は、TVアニメ化もされた人気コミックとのタイアップ機で純増約2.2枚/GのART機。

 通常時は、チャンス役からのART当選や自力解除ゾーンを絡めたゲーム数管理型となっている。そして、今回新たなゲーム数短縮方式「ざくろシステム」を搭載した。主にチャンス役によってゲーム数短縮を行うが、今回短縮されるのは通常状態のゲーム数のみ。つまり、短縮ゲーム数が増えるほど大当たりまでのゲーム数が短くなるのはもちろん、尚且つART当選に期待が高まる高確状態を中心に遊技できる事になる。これにより、常時プレイヤーに期待感を持たせるゲーム性を可能にした。

 ART「妖々RUSH」は初期ゲーム数変動型(30G〜300G)で、毎ゲーム上位ARTである「妖々RUSH・鬼」の抽選を行う。「妖々RUSH・鬼」(1セット50G+α)はゲーム数上乗せやセット数上乗せ、そしてゲーム数上乗せ特化ゾーンである「覚醒」の移行抽選ゾーンとなる「妖艶乱舞」の抽選も行う。妖艶乱舞の10ゲーム間で6択の押し順に正解すれば「覚醒」に突入。

 「覚醒」は、5ゲーム固定で毎ゲーム上乗せが発生する。消化後は、再び妖艶乱舞を残り10ゲームからスタート。この妖艶乱舞と覚醒のループが出玉獲得の鍵になる。また、妖艶乱舞と覚醒の間はARTのゲーム数の減算がストップする。

 なお、ARTは白7、赤7、BAR揃いを契機に始動するが、赤7揃いは「妖々RUSH・鬼」への昇格期待大となり、BAR揃いは「覚醒」スタートが確定する仕組みとなっている。

(C) 星野リリィ/幻冬舎コミックス・ざくろ製作委員会
(C) KITA DENSHI



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る