> > パチスロ新機種『最胸伝奇 パイ遊記』を発表
ニュース
パチスロ新機種『最胸伝奇 パイ遊記』を発表
ネット

ニュース写真
 ネットはパチスロ新機種『最胸伝奇 パイ遊記』を発表した。

 本機は旧試験方式適合機で、純増2.5枚のAT特化型タイプ。通常時は周期によるAT・自力解除ゾーンの抽選のほか、レア役によるAT・ボーナスの直撃抽選も行っている。AT初当たり確率は1/303~1/180、ボーナス確率は1/2131~1/1569、出玉率は97.0~113.0%。

 AT「キントウンRUSH」は継続率管理。「アップグレードAT」と銘打ち、初期ゲーム数、上乗せ特化ゾーン、継続率の全てにランクアップのチャンスを持たせた仕様。

 初期ゲーム数を決定する「ひょうたんバズーカタイム」で獲得したゲーム数は、そのままキープして消化するか、成功で1.5~最大4倍、失敗で半減となる「激増チャンス」にチャレンジするかをプレイヤー自身が選択可能となっている。AT中はレア役成立でゲーム数の直乗せと上乗せ特化ゾーンの抽選を行っている。

 上乗せ特化ゾーンは性能の異なる5種類が存在し、消化中には上位特化ゾーンへのランクアップ抽選を行っている。最上位ゾーンである「豊胸お仕置きタイム」までランクアップすれば同社おなじみのボタンプッシュ演出による大量上乗せにチャレンジすることができる。

 このほか、AT中はベルが規定数連続で成立すると「天竺メーター」が上昇。メーターが貯まると「天竺バトル」に発展し、同バトルで天竺王に勝利すれば100or200ゲームの上乗せに加え、キントウンRUSHの継続率がランクアップする抽選も行われている。

 また、通常時およびAT中ともレア役で当選の可能性がある擬似ボーナス「パイ遊記ボーナス」を搭載。通常時でのボーナス当選はAT突入が確定し、消化中はゲーム数の上乗せが高確率で行われる。

 通常時はリプレイ成立時に周期カウンターの「悟空カウンタ」が減算。悟空カウンタは59からスタートし、0になるとAT及び自力解除ゾーンの抽選が行われる。自力解除ゾーンのAT突入期待度は約30%となっている。

納品は5月24日開始予定。



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る