> > 遊技機メーカーの2015年3月期決算出揃う
ニュース
遊技機メーカーの2015年3月期決算出揃う

 遊技機メーカー及び遊技機部門を持つ上場企業の2015年3月期決算が出揃った。

 平和、藤商事、オーイズミ、コナミが前年比で増収増益。SANKYO、フィールズ、セガサミー、カプコンが減収減益となり、ユニバーサルエンターテインメントが増収減益となった。

 パチンコについては、遊技人口減少の影響等によりパチンコホールの購買意欲が減退し、安定した稼働が見込める機械以外の購入に慎重になっている状況から、一部の機種に需要が集中する一方で全体的な販売台数は落ち込んだ。またパチスロについては、型式試験変更により販売スケジュールを見直したメーカーが多く、当初の計画よりも市場に投入したタイトル数が減少したことが当期決算に影響した。

 なお、各社の決算は以下の通り(単位は百万円、カッコ内は前年比%、掲載は順不同)

●SANKYO
売上高146,579(-7.5)営業利益13,233(-52.8)経常利益14,870(-50.7)当期純利益8,728(-61.0)
●平和
売上高198,605(9.4)営業利益42,870(16.2)経常利益42,059(18.8)当期純利益26,235 (28.9)
●藤商事
売上高56,151(34.2)営業利益7,936(87.7)経常利益7,949(86.8)当期純利益4,812(76.0)
●セガサミー
売上高354,921(-6.1)営業利益17,609(-54.3)経常利益16,993(-58.1)当期純利益-11,258(--)
※特別損失を159億2400万円計上。その内70億円をグループ内組織再編等のための費用として計上したが、2016年3月期の固定費削減効果として60億円の削減効果を想定している。
●ユニバーサルエンターテインメント
売上高88,085(1.5)営業利益21,047(-14.6)経常利益22,055(-6.6)当期純利益10,173(8.1)
●フィールズ
売上高99,554(-13.4)営業利益4,743(-51.6)経常利益5,491(-43.8)当期純利益3,018(-43.8)
●オーイズミ
売上高15,971(18.1)営業利益1,825(9.2)経常利益1,837(7.4)当期純利益1,197(25.2)
●コナミ(グループ会社にKPE)
売上高218,157(0.3)営業利益14,451(87.8)経常利益15,947(72.8)当期純利益9,479(147.3)
※遊技機事業
売上高及び営業収入(セグメント間含む)14,691(153.8)
●カプコン(グループ会社にエンターライズ)
売上高64,277(-37.1)営業利益10,582(2.7)経常利益10,851(-0.9)当期純利益6,616(92.1)
※アミューズメント機器事業 
売上高7,540(-67.4)営業利益2,736(-61.6)



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る