> > ST採用『大海BLACK』が7月より導入
ニュース
ST採用『大海BLACK』が7月より導入
三洋物産

ニュース写真
 三洋物産は6月2日、東京支店ショールームにてパチンコ新機種『CR大海物語BLACK』とパチスロ新機種『パチスロ魔法少女リリカルなのは』の発表内覧会を開催した。  『CR大海物語BLACK』は、昨年春に登場した『CR沖縄3桜バージョン』に続く“海ST"シリーズの最新機種。

 スペックは1/399.6、ST101回のMAXタイプと、1/199.8、ST51回のライトミドルの2タイプ。特にMAXタイプは前作桜バージョンに比べ最大出玉のアップ(1550→1800個)や、ST回数の増加(71→101回)など安心感を強化した。またST中の演出を3段階に分けるなど期待感を向上させる仕組み。納品は7月5日より。

 『パチスロ魔法少女リリカルなのは』は1G純増2.0枚のART機で、ARTは性能の異なるCZ-ART「次元航行艦アースラ」、ST-ARTの「闇の書ゾーン」、差枚数管理型「BONUS-ART」の3種類を搭載。

 ARTは平均40G続く「次元航行艦アースラ」中にメダルを増やしながらミッション演出やバトル演出に成功させると、メインART「闇の書ゾーン」(1セット40G・初回50ゲーム)に突入する。最大87.5%でループする「BONUS-ART」を目指す内容。原作の「魔法少女リリカルなのは」は多くのファンを持つ魔法バトルアクションアニメ。

 ホール納品は7月5日からスタートする。



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る