> > 新機種『CRビッグドリーム〜神撃』を発表
ニュース
新機種『CRビッグドリーム〜神撃』を発表
タイヨーエレック

ニュース写真
 タイヨーエレックは6月24日、東京支店ショールームでパチンコ新機種『CRビッグドリーム〜神撃』の内覧会を開催した。

 今回、大当たり確率1/259.0のライトミドルと1/399.6のMAXの2スペックを用意。

 ライトミドルは大当たり確率1/259.0(高確率時1/34.2)で確変突入率75%。ヘソからの大当たりはすべて4R(払出値384個)で電チューは75%が16R確変(払出値1536個)、25%が通常(アタッカーショート開放)。賞球数は3&1&5&12。

 MAXは大当たり確率1/399.6(高確率時1/65.0)で確変突入率は74.6%。ヘソ入賞からはすべて4R(払出値600個)で電チュー入賞からは74.6%が16R確変(払出値2400個)、25.4%が通常(アタッカーショート開放)。賞球数は3&1&5&15となっている。

 両スペックとも時短はなしで、初当りの出玉は少ないものの、右打ち中の出玉有り大当たりはオール16Rとなるなど、わかりやすくメリハリの効いたスペックとなっている。

 その他、演出面でも「わかりやすさ」を追求。リーチや演出は7セグによって展開されるシンプルなものばかりで初心者でも理解しやすいゲーム性に仕上げた。

 同機の最大の特長は、右打ちとなる「GOLDEN GAME」中の圧倒的なスピードだ。「GOLDEN GAME」中は最短変動秒数0.7秒の高速変動で展開され、大当たりのメインは図柄がいきなり揃う「即告知」となっており、プレイヤーに爽快感を与える。さらに大当たりの消化スピードも抜群に速い。消化中はゼロアタッカーを採用し無駄玉をほとんど出すことなく高速消化するほか、図柄が揃うとすぐにアタッカーを開放、そして大当たりが終了するとすぐに変動開始というように、大当たり抽選中と大当たり消化中の間のタイムロスを極限まで無くした結果、スムースな流れを創出。これにより、かつてないほどの爽快感を味わえ、全くストレスを感じない「右打ち」を可能にした。

 納品は8月16日予定。

(C)TAIYO ELEC



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る