> > 新機種『CR着信アリ』を発表
ニュース
新機種『CR着信アリ』を発表
藤商事

ニュース写真
 藤商事は7月7日、東京支店においてパチンコ新機種『CR着信アリ』のプレス発表会を開催した。

 ジャパニーズホラー衝撃作として、多くの人を恐怖で震撼させた「着信アリ」がパチンコで登場。原作映画でも恐怖を掻き立てたシーンを再現したリーチを搭載しており、「水沼美々子」が繰り広げる戦慄の恐怖がよみがえる。

 スペックはV確ST採用のMAXで、大当たり確率1/399.610(高確率時1/62.714)。「8個保留」を採用し、ヘソ、電チューの交互入賞を実現。それによってストレスフリーで遊技できるほか、ST突入率がヘソ入賞の特図1、特図2を平均して68.5%と高めなのが特長。ST回数は100回でST継続率は80%。ST中の大当たりは16Rと8Rのみで、ST中の7割が16R・2016個(払出値)の振り分け。8Rでも1008個(払出値)の出玉を獲得できるため出玉性能が高い機種となっている。

 同機STである「最恐ST」は、ロゴ全落下による大当たり(16R)、携帯電話役物による大当たり(8Ror16R)の2つのギミックによる大当たり搭載で、ドキドキ感を演出している。また、「運命の刻リーチ」中に携帯電話役物が作動すると、「デジャヴターゲットリーチ」へ発展。同リーチは、メイン液晶と携帯電話のサブ液晶、2つの液晶でターゲットを呪う大チャンス演出となっている。

 通常時は「着信アリ」の代名詞といえる「呪いの着信音」が鍵を握っており、変動時に着信音が鳴り響くとチャンス。着信音が鳴り続ける限り演出が継続し、恐怖感・期待感を持続させる。囁く言葉で展開を示唆する「呪いの口」役物や、多彩な動きでゲーム性を大きく変え、恐怖を助長する「壊れた携帯電話」役物などの演出も魅力の1つとなっている。

9月上旬より納品開始予定。

(c)2004「着信アリ」製作委員会
(c)2003秋元康 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る