> > 一般入賞口への入賞状況の調査結果を発表
ニュース
一般入賞口への入賞状況の調査結果を発表

 遊技産業健全化推進機構は8月3日、6月及び7月に実施した一般入賞口への入賞状況の調査結果を発表した。

 6月は全国7地区23店舗の32台を調査、1台あたりの打ち出し球数は2650〜3701個(平均3032個)で、一般入賞口への入賞が確認された遊技機は9台(28.1%)。入賞個数は1〜3個が4台、4〜6個が4台、7〜9個が1台だった。

 一方、 7月は全国25地区76店舗の124台を調査、1台あたりの打ち出し球数は2069〜3220個(平均2929個)で、一般入賞口への入賞が確認された遊技機は53台(42.7%)。入賞個数は1〜3個が37台、4〜6個が11台、7〜9個が4台、10個以上が1台だった。  なお、当該調査では1台のぱちんこ遊技機で大当たり等を挟まず、2000個以上の打ち出しが確認できた調査のみを有効としている。

 同調査結果を受け推進機構では「一般入賞口の入賞状況調査結果としては保通協試験時の状態からは『ほど遠い』状態の遊技機が市場に設置されていると思われる」と指摘。一方で「時系列的には7月調査時に一般入賞口に入賞する遊技機の台数の割合が増えており、一般入賞口の入賞球数も、3000個の打ち出しに対して2桁に達した遊技機も確認されるなど『市場においては改善の兆しが少し見られる状況になった』と判断した」ともしている。

 推進機構ではこうした調査結果を公表、また、ホール関係社員団体に知らせることで現状の改善に向けた更なる経営努力をお願いしたとしている。

 また、現在は遊技機性能調査の結果、異常が確認されても通報を行わない猶予期間となっているものの、あまりにひどい状況が確認された際は猶予期間であっても当該都道府県警察の担当部署に通報することがあり得ると、ホール関係社員団体に通知したとしている。



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る