> > ダイナムが共同開発機を相次ぎ導入
ニュース
ダイナムが共同開発機を相次ぎ導入

ニュース写真
 ダイナムは8月17日より、豊丸産業と共同開発した『CRAナナシーDX DS』の設置を開始した。グループ全体で332店舗、1000台を導入予定。

 同社ではホール営業から得た遊技データを基にオリジナルスペックを開発。8月3日にはサンスリーと共同開発した『CRAGO!GO!マリン DS』の導入を開始するなど、オリジナルスペックの導入を積極的に推進している。

 今回導入を開始した『CRAナナシーDX DS』は普通電動役物(いわゆる電チュー)の連動で出玉を増やす一般電役機。セブン機と異なり確変や電サポが搭載できないが、大当たり消化中にも大当たり抽選を行っており、当選時には出玉を上乗せする。

 大当たり確率は1/77.4(ヘソ通過時。クルーン、右ゲート通過時は1/55.6)となっており、一般販売された「99V」と「66VV」の中間的なスペックだ。



情報提供:月刊グリーンべると



前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る