> > フィールズ パチンコ・パチスロ同時発表会
ニュース
新機種発表
フィールズ パチンコ・パチスロ同時発表会
ロデオ

2004年11月2日、東京ドームホテル 天空の間にて、フィールズのパチンコ・パチスロ同時発表会が開催された。
パチンコ新機種は、BISTYの「CR新世紀エヴァンゲリオン」、パチスロ新機種は、ロデオの「カイジ」が発表。
会場には、ホール関係者・プレスを含め数多くの業界関係者が訪れて、賑わっていた。

まずは、パチンコ新機種から説明しよう。
ご存知の通り、新規則になっての続々と新機種が発表されているが、今回、BISTYの第一弾として発表されたのが「CR新世紀エヴァンゲリオン」だ。
新規則の名に相応しく、超大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」とタイアップしたことで、世代交代、世界観を見事に表現した。
本機は、4シリーズあり、「CR新世紀エヴァンゲリオンZX」では、大当たり確率を1/496.5と低くすることで、確変突入率を74%に引き上げたことが特徴である。
そして、筐体自体にも、液晶を従来のサイズよりも大きくしたことで、臨場感あふれる演出や、実際のアニメさながらの迫力ある予告・リーチアクションを堪能できることとなった。

そして、スロット新機種は、ヤングマガジン連載中の超人気コミック「カイジ」とのタイアップ機が
ロデオから発表された。
史上初の13インチ前面液晶を採用し、筐体上部にミニリールを搭載した、新しいタイプのマシンだ。
液晶の演出の組み合わせも、なんと、900万通りにも及ぶということで、まさに究極のエンタテイメントマシンだと言える。

本機は、A-400タイプのストック機。ゲームの流れは、同機の鍵ともなる「ざわ」図柄が揃うことで、「ざわざわタイム」に突入。
平均20ゲーム継続し、連続演出に発展すればチャンス到来となる。
そして、液晶から繰り広げられる様々なバトル、全面液晶だからこそ出来た液晶8ラインリールにも注目したいところだ。

気になるホール導入は、パチンコ・パチスロの2機種とも、12月5日からを予定している。



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る