> > 平和・新規則第一弾「CRアントニオ猪木という名のパチンコ機」発表
ニュース
新機種発表
平和・新規則第一弾「CRアントニオ猪木という名のパチンコ機」発表
平和

2004年12月10日、平和・東京ショールームおよび大阪ショールームにて、新機種「アントニオ猪木という名のパチンコ機」の 発表展示会が開催された。
平和の新規則第一弾となる本機に採用されたキャラクターは、同社のパチスロ機ですでにお馴染みとなっている、アントニオ猪木氏。氏が持つそのカリスマ性と独自の世界観を見事に融合させた本機について特筆すべき点は、ズバリ3点。
1点目は、やはり新規則に則った破格のスペック。3スペック用意されたシリーズ機全ての確変突入率は80%以上となっており、 プレイヤーには嬉しい限りの驚異の連チャン率を実現している。
2点目はゲーム性。従来のパチンコの常識を打ち破った20兆通り以上もの演出総数を誇る本機には、パチスロの概念や世界観を踏襲したゲーム性が見事に盛り込まれている。スロットファンにはすでにお馴染みの"闘魂チャンス"や"強ハズレ"などがそれだ。プレミアムボーナスをゲット出来るチャンスゲームや大当りのサインとして、それぞれが絶妙な役割を果たしている。
3点目は、何といっても"イノキイズム"の堪能である。 もはや生きる伝説とも言える氏の名シーン・名セリフが随所にちりばめられている事はもちろん、ある条件をクリアする事により、 本機のために特別に本人が書き下ろしてくれた詩が朗読付きで読めたりと、ファンには嬉しい限りの特典も隠されたりしている。 『燃える闘魂』の球界参戦・・・多くのホールがファンの熱気で包まれることは間違いないと言えるだろう。

気になるホール導入は、2005年1月24日前後の見通し。



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る