> > 豊丸・新規則一般電役機第一弾「CRナナシーゲット」発表
ニュース
新機種発表
豊丸・新規則一般電役機第一弾「CRナナシーゲット」発表
豊丸産業

2005年3月7日、豊丸のショールームにて、一般電役機第一弾「CRナナシーゲット」の展示会が行われた。

まず、一般電役という言葉、聞きなれない人もいるかと思うので、簡単にご説明すると、一般電役とは、デジタルや図柄が揃ったり、特定の入賞口に玉が入れば大当たりとなり、電動チューリップ(以下電チュー)や電動役物、アタッカーなどが連動することによって出玉が得られる仕組みの台のことだ。また確変、時短などは無いけれど、大当たり中も次の大当たり抽選するため、大当たり中に再度大当たりが獲得可能となっている。

では早速、本機について紹介しよう。本機は、大人気であった一般電役機「ナナシー」の高確率なスペック、メリハリのあるゲーム性をさらにパワーアップさせた後継機だ。
今回の「CRナナシーゲットF」では、大当り確率がなんとコイン図柄:1/143、ゲット図柄1/146で、出玉はどちらの図柄で当たっても約1,800玉と、新鮮かつ魅力たっぷりのスペックとなっている。コイン図柄は12種類、ゲット図柄は5種類だ。
遊戯方法は、まず液晶下にあるスタートチャッカー(S)に入賞させ、図柄が揃えば大当たりだ。大当たり中は右打ちをしてNANA電チューに入賞させる。そのまま右打ちを続け、SEVEN電チュー、OPENアタッカーの連動で出玉を獲得できる仕様だ。
そして、本機は、“まるまる得するシステム”を搭載。大当たり中(右打ち時)にゲットチャッカー(G)入賞でゲット図柄が変動を開始。効果音と共に液晶上の“ゲットランプ”が光れば、次の大当たりが確定する。ゲット図柄は、現大当たりが終了するまでリーチを継続し、大当たり終了後、ゲット図柄も停止し、次の大当たりが発動する流れだ。右打ち継続で次の大当たり出玉を獲得できるので、プレイヤーにとっては嬉しいシステムだろう。

また、本機は、新たな予告もプラスし、さらにグレードアップを果たし、絶妙なリーチバランスでプレイヤーは常に興奮できるだろう。

気になるホール導入は4月4日の週からとなっている。

このニュースの関連URL:CRナナシーゲット



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る