> > 山佐・期待のパチスロ新機種「祭りの達人〜ウィンちゃんの夏祭り」発表!!
ニュース
新機種発表
山佐・期待のパチスロ新機種「祭りの達人〜ウィンちゃんの夏祭り」発表!!
山佐

ニュース写真
2005年4月25日、東京 品川プリンスホテル・エグゼクティブタワー5F、メインバンケット大山にて、山佐から期待の新機種「祭の達人〜ウィンちゃんの夏祭り〜」の記者発表会が行われた。会場には、プレスをはじめ、数多くの業界関係者が訪れていた。

記者発表会では、代表取締役・佐野慎一さんのご挨拶から始まり、ナムコ代表取締役社長・石村繁一さんのお話、開発、ゲーム性、システム、携帯サイトとの連動の事、これからの展望などをわかりやすく説明してくれた発表会であった。

早速、新機種「祭の達人 ウィンちゃんの夏祭り」に関してだが、本機はストック機能搭載のA-400タイプ。ストック機には欠かせない高確率ゾーンである“お祭りタイム”も搭載していて、出玉にもメリハリのある仕様となっている。
そして、本機は、山佐とナムコのタイアップ機第2弾で、山佐の看板娘でもある“ウィンちゃん”とナムコ発の大人気ゲーム“太鼓の達人”がコラボレーションした台だ。「タイムクロス」、「タイムパーク」でも大人気であった“ウィンちゃん”が、今回、初の主役になった所にも注目したい。
筐体デザインは「鉄拳R」より好評を得ている“ワイド液晶”を搭載した筐体を継承し、さらにデザインを進化させ、“祭の達人”のために開発したキングモデル「お祭りバージョン」での御出座しとなっている。筐体上部には、大迫力の『太鼓役物』を配置、両サイドには、カラーLEDによる7色に輝く『虹色ちょうちん』を搭載していて、まさにお祭りムード全開の筐体となっている。
ゲーム性においても、エンターテイメントとしてのパチスロ機を掲げた第1作目というだけあって、様々なところでの新機能を掲げている。JACゲーム中には、大人気の『太鼓の達人』のゲームを取り入れた“太鼓のゲーム”を搭載。今までJACゲーム中に楽しみの少なかった従来機に新たな風を吹き込んだ。BIG図柄の色によって、JAC中のサウンドにも変化があり、歴代の山佐サウンドや、ナムコゲームサウンドがとくと体感できる。また、JAC中の音楽もプレイヤーのお好みで選択でき、“太鼓のゲーム”をクリアすれば、新たな曲にチャレンジできるなど、まさにゲーム感覚で楽しめる仕様だ。
また、今回は、業界初のパチスロと携帯サイトのコラボレーションを実現した。JACゲーム中の“太鼓のゲーム”でゲットした“パスワード”で、期間限定の祭の達人特設サイト「ウィンちゃんの夏祭り」へアクセスすれば、スコアに応じて山佐からの仮想通貨をプレゼントしてくれる。この通貨を使い、サイト限定のアプリや、壁紙、着メロなどがダウンロードが可能となり、さらに抽選でオリジナルグッズが当たるキャンペーンに応募できたりと使い方は自由自在となっている。これも、山佐が提案するエンターテイメントの世界を見事に実現していると言えるだろう。

新規則に変わり厳しい状態が続く中、パチスロ本来のオモシロさ、エンターテイメントとしてのパチスロを追求し、5号機に向けての出し惜しみをせずに、今後も展開していくとの事。

なお、気になるホール導入だが、6月12日からを予定している。この夏は、山佐の「祭の達人〜ウィンちゃんの夏祭り〜」でホールはお祭り広場に変わること間違いないだろう。

(c)YAMASA/(c)NAMCO



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る