> > SANKYO:パチンコ新機種『CRフィーバー吉田拓郎の夏休みがいっぱい』、パチスロ新機種『夢夢ワールドDX』発表
ニュース
新機種発表
SANKYO:パチンコ新機種『CRフィーバー吉田拓郎の夏休みがいっぱい』、パチスロ新機種『夢夢ワールドDX』発表
SANKYO

2005年7月7日、SANKYOは東京都港区の「NEW PIER HALL」にて、パチンコ新機種『CR吉田拓郎の夏休みがいっぱい』、並びにパチスロ新機種『夢夢ワールドDX』の合同発表会を開催した。大物歌手とのタイアップパチンコ機、及び同社マスコットキャラ「夢夢ちゃん」を演出に採用してヒットを飛ばしたパチスロ機『ボンバーパワフル』の後継機を同時に体験できるということもあり、会場には多数の関係者が訪れた。

会場の9割程度が関係者で埋め尽くされた後、通常コスチュームに加え、カウボーイ風と海賊風の3パターンに扮した夢夢ちゃん達が入り口左上部方面に設置されたステージに登場。バンドの生演奏に合わせてゆるやかに踊り、会場にいなたい空気を充満させた。その後は来場者達が待ち望んだ試打会へと移行。会場側面を埋め尽くした両機種の前には、試打を希望する人々で長蛇の列ができた。

会場出口では来場者に両機種のカタログ・ビデオを始めとするグッズを配布すると共に「i-pod mini」が当たる抽選会を催すなど、来場者には至れり尽くせりの合同発表会となった。

「CR吉田拓郎の夏休みがいっぱい」は、1970年のデビューから現在でも第一線で活躍するシンガーソングライター「吉田拓郎」を演出に採用したマシン。「ざりがに釣り」「スイカ割り」など、夏休みを謳歌する子供達のほのぼのとした演出に吉田氏の歌が重なり、プレイする人をノスタルジックな気持ちにさせてくれる。

「夢夢ワールドDX」は、夢夢ちゃんを大フィーチャーした前作「ボンバーパワフル」の後継機で、メインリール部に搭載された15インチ巨大液晶「インフィニティビジョン」とその上部のミニリールによる多彩な演出がポイントだ。

なお、両機種ともホール導入に関しては「8月21日・納入、22日・開店」のスケジュールが予定されている。去り行く今年の夏をこれら2大機種で過ごしてみるのはいかがかな?

このニュースの関連URL:SANKYO:ホームページ
このニュースの関連URL:機種図鑑:CR吉田拓郎の夏休みがいっぱい
このニュースの関連URL:機種図鑑:夢夢ワールドDX
このニュースの関連URL:機種図鑑:ボンバーパワフル
このニュースの関連URL:機種図鑑:CRフィーバーユンソナ



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る