> > 大都技研:PS2ソフト「大都技研公式パチスロシミュレーター 押忍!番長」発表
ニュース
新機種発表
大都技研:PS2ソフト「大都技研公式パチスロシミュレーター 押忍!番長」発表
大都技研

押忍!番長
株式会社大都技研(本社:台東区、代表取締役:木原海俊)はPS2ソフト「大都技研公式パチスロシュミレーター 押忍!番長」を発売することを発表した。
2005年6月より販売開始された「押忍!番長」は、史上2位の発売記録となった前作「吉宗」から受け継いだシャッター付き液晶での演出や、硬派でありながらコミカルなキャラクター、独自の出玉特性などが人気となり、発売からわずか2ヶ月で発売台数が8万台を突破した。さらに、実機シミュレーターが発売になる11月には、販売台数12万台を突破する見込みであるとのことだ。
そして、ゲーム中のサウンドも「吉宗」以上に注目を集めている。実機のホール導入に際し、ホールを対象に7月に先行発売された「押忍!番長サウンドトラック」CDは、すでに29万枚を出荷した。8月4日の一般発売においても、オリコン初登場52位を記録するなど、サウンド面での人気も非常に高い。

本作では、前作同様に各種演出等を再生して見る事が出来る演出ギャラリーを搭載。数多いプレミア演出も堪能できるようになっている。さらに、様々な状況設定の中から、ホールや台を選択して攻略できる「実践プレイ」機能も搭載している。
その他、攻略機能・データ分析機能も充実していて、攻略機能面で初心者からヘビーユーザーまで満足の出来る1本となっている。

なお、発売開始は2005年11月2日からとなっている。

このニュースの関連URL:機種図鑑『押忍!番長』
このニュースの関連URL:大都技研:ホームページ
このニュースの関連URL:大都技研『押忍!番長』ページ



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る