> > エース電研:パチンコ新機種『CRデカチュー』発表
ニュース
新機種発表
エース電研:パチンコ新機種『CRデカチュー』発表
aaa

CRデカチュー
エース電研(aaa)から「デジパチ+羽根モノ+権利モノ」というパチンコの全ての機能を凝縮した新台『CRデカチュー』が発表された。

昨年の規則改正でそれまで存在した機種区分(1種=デジパチ、2種=羽根モノ、3種=権利モノ)が撤廃されたことにより、複合的な機能を持つ機種が可能となり、これまでにも複数メーカーから数機種が登場していた。しかしながら、本機はその全てが搭載される始めての機種となる。

まったく新しい形の機種だけに、遊技方法は少々煩雑だ。まずは盤面中央下にあるスタートチャッカーに入賞させると、盤面中央上にある大きな電動チューリップが一瞬開くため、このとき、この電動チューリップに玉を入賞させれば、下の回転体での抽選に移行する。回転体の「V」にうまく玉が入れば大当たり! 続いて盤面の最上部にある1桁のデジタルでのラウンド抽選となる。1桁デジタルの数字により15R、5R、1Rに振り分けされるところは羽根モノライクな感覚だ。
また『MAX』『MAXG』では、スタートチャッカー入賞時に突然青いデジタルが点滅回転する時があり、「77」が揃えば直撃大当たり! 回転体に入らずとも、16Rの権利を獲得することができる。

いずれの大当たりも盤面下部にあるアタッカーが開くことにより、出玉が増える仕組みとなる。 大当たり時の出玉はアタッカー入賞による戻しが10発のため、約1,000個と少な目だが、その分、これまでの権利モノのように右打ちなど打ち方を変える必要はなく、またデジパチのようにデジタルが外れたらまったくノーチャンスというわけでなく、いわば1回のアクションで数回ドキドキできて、さらに大当たりの回数も多くなるのが特徴だ。

このニュースの関連URL:パチンコ機種図鑑:『CRデカチュー』
このニュースの関連URL:エース電研ホームページ
このニュースの関連URL:「aaa Pachinko-Live」(ファン向け)
このニュースの関連URL:「ace active amusement direct」(ホール向け)



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る