> > サミー:パチスロ新機種『パチスロ北斗の拳SE』、パチンコ新機種『CR北斗の拳 STV』発表
ニュース
新機種発表
サミー:パチスロ新機種『パチスロ北斗の拳SE』、パチンコ新機種『CR北斗の拳 STV』発表
サミー

パチスロ北斗の拳SE
2006年5月29日、サミーは東京・赤坂の「赤坂プリンスホテル」にて、パチスロ新機種『パチスロ北斗の拳SE』、並びにパチンコ新機種『CR北斗の拳』の展示発表会を開催した。
また、会場には『パチスロ北斗の拳SE』の登場に合わせて発売(PS2版:8月3日、PSP・ニンテンドーDS版:8月10日)されるPS2・PSP・ニンテンドーDS対応ソフト「実戦パチスロ必勝法! 北斗の拳SE」の体験・展示コーナーや、北斗の拳シリーズ&同社製マシン関連のグッズ展示コーナーなども設けられていた。

『パチスロ北斗の拳SE』は大ヒットパチスロ機『北斗の拳』の後継機で、レギュラーボーナスとストック機能からなる「バトルボーナス」を軸とした前作さながらの出玉性能が大きな特徴。
チェリー・スイカ・チャンス目などを契機に突入するバトルボーナスは赤7or青7揃いの2種類で、「ケンシロウとラオウのバトル演出」と「JACゲーム」によって展開。ボーナスの継続はプレイヤーのヒキ次第となるが、赤7からのバトルボーナスは高継続の期待大となる。

また、演出面では、お馴染みの「通行人演出」や「ボスバトル演出」のほか、「昼・夕・夜背景演出」や「バギー排気告知演出」などの新たな演出も多数追加されている。

『CR北斗の拳 STV』は、同社製の「パチンコ北斗の拳」シリーズとなる「伝承」「強敵(とも)」の流れを汲むマシンで、高めに設定された大当たり確率と、大当たり終了後は必ず、また通常時からは突如突入の可能性のある「チャンスゾーン(確変状態)」が特徴。

そして前シリーズ機を受け継いだ数々の演出も見所で、なかでも大当たりorチャンスゾーンが確定する「ラオウバトルリーチ」には特に注目だ。

なお、『パチスロ北斗の拳SE』は7月上旬から中旬、『CR北斗の拳 STV』は7月上旬の導入スケジュールが予定されている。

このニュースの関連URL:パチスロ図鑑:パチスロ北斗の拳SE
このニュースの関連URL:パチンコ図鑑:CR北斗の拳 STV
このニュースの関連URL:サミー:トップページ



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る