> > マルホン工業からあの「エサカマサミ氏」プロデュース機が再び!
ニュース
新機種発表
マルホン工業からあの「エサカマサミ氏」プロデュース機が再び!
マルホン

CRアクアポリス2
マルホン工業から、あの人気機種『アクアポリス』の後継機が発表となった。

同機はエサカマサミ氏の完全プロデュース機で、キャラクターはもちろんのこと役モノや盤面デザインまで手掛けており、さらに業界最大級の「15インチ液晶」にてその世界観をよりキレイに、且つ大迫力で表現している点に注目だ。

ゲームの流れは、まず、プレイヤーの好みに合わせて選べる3つのモード演出を搭載。それぞれ予告パターンの違う演出になっており、「アクアモード」「プラネットモード」「オリンポスモード」に分類される。
さらに、通常中の単調さを解消する役割を担うのが「おしゃべり機能」だ。これは通常時、盤面の右側に常にキャラクターのアクアちゃんが待機しているのだが、図柄変動中にプッシュボタンを押すとアクアちゃんが様々なセリフで話かけてくれる演出。その内容次第で期待度も大きく変化するという仕様だ。
そしてそのアクアちゃんの右に配置されている「イソギン役モノ」が動けば、液晶と連動する「イソギンチャンス」の到来。動けば動くほど、液晶内の魚の群れが「おさかな群」に成長していくという、ステップアップ予告の役割を果たす斬新アクションである。

リーチ演出はノーマルリーチの他、「魚人リーチ」「船首像リーチ」「モアイリーチ」「浮遊都市リーチ」「アクアちゃんリーチ」と多彩。また、「エクストララインリーチ」や「枠外プレミアム」など期待度の高いリーチも見逃せないポイントの一つだ。

その他「3・7の組み合わせ」「ノーマルリーチはずれ目」から突入する「レーダーモード」は大当り期待度の高いチャンスゾーン。画面全体がレーダーとなり、その中に魚影が入り込むと大当りへの期待度が一気に高まる演出となっている。
なお、レーダーモードは基本的に20回又は40回継続し、大当り期待度は通常時よりも約5倍アップする点も注目だ。

大当り中の昇格演出は全部で3パターン。「宝探しゲーム」「すごろくゲーム」「フィッシュレースゲーム」と全く趣向の異なるゲームを搭載。また時短中には、液晶右にいるアクアちゃんの動きに注目。突如、中央に飛び出し、画面上下のシャッターを閉め切れば確変に昇格するなど、全体的に斬新で多彩な演出が特徴的である。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRアクアポリス2
このニュースの関連URL:マルホン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る