> > サミーから『北斗の拳』に続く魅力的なハネデジ『CRガッチャマンSTVA 』発表!
ニュース
新機種発表
サミーから『北斗の拳』に続く魅力的なハネデジ『CRガッチャマンSTVA 』発表!
サミー

CRガッチャマンSTVA
『CR北斗の拳STVA』が好評のサミーから7月中旬『リングにかけろ』『1・2の三四郎』と同時期に発表された新機種が、その名も『CRガッチャマンSTVA』。

1972年に放送された「科学忍者隊ガッチャマン」は、今なお、当時のファンはもとより、新しい世代のファンをも魅了し続けている。「誰だ誰だ誰だ〜」のあのフレーズは誰もが一度は耳にしたことがあるはずだ。
今回、登場したパチンコのガッチャマンは、ハネデジタイプのみで型番はすべて『STVA』となる。前作は普通のデジパチであったのと比較すると、スペック、演出、ゲーム性それぞれが全く違う進化を見せている。
その最大の特徴は、約1/79という破格の大当たり確率だ。しかも、大当たり終了後には、もれなく4回転限定のチャンス(高確率)ゾーンがあり、そこで大当たりをゲットできなくても、その後に41回転の時短も搭載されていて、出玉は500-600個と少な目ながら、いつでもどこからでも、たやすく大当たりを楽しめる仕様になっている。

気になるゲーム性は、ガッチャマン隊員が、おのおのの得意技を駆使して、大当たりをゲットするわけだが、そこに至るまでの、工夫された予告やリーチアクション満載だ。原作を知らない人でも楽しめるだろう。
しかも、二つのワープゾーンから入った玉がクルーンで回り、スタートチャッカーを直撃するなど、玉の動きも楽しいぞ。

少ない投資でも遊べる可能性の高い『CRガッチャマンSTVA』。ホール登場が待ち遠しい。展開によっては、あっと驚く大量出玉だって可能なのだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRガッチャマンSTVA
このニュースの関連URL:サミー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る