> > SANKYOから、伝説のドラム名機が復活! 「ZEROシリーズ第2弾」登場!
ニュース
新機種発表
SANKYOから、伝説のドラム名機が復活! 「ZEROシリーズ第2弾」登場!
SANKYO

CRフィーバークイーンZERO
10月13日の金曜日・・・西洋文化ではどうやら縁起が悪いとされている日だが、株式会社SANKY0から、そんな言い伝えを吹きとばすことのできる縁起のいいパチンコ台が発表された。その名も、「CRフィーバークイーンZERO」。「遊べる」パチンコ機として今なお多くのファンを持つ「フィーバーパワフルゼロ」の後継機種、SANKYO「ZEROシリーズ」第2弾として、満を持しての登場だ。

プレスリリースの会場となった東京上野のSANYOショールームには、マスコミ・ホール関係者が多勢つめかけ、この機種の期待の高さを裏付けることとなった。というのも「遊べる」パワフルゼロのコンセプトはそのままに、時短性能を付け加えたことによって、連チャンパワーもアップした期待の新作だからである。「遊ぶ」ことはできても、ともすれば出玉感が乏しかった前身機にあきたらなかったファンの心もがっちりとつかめるはずだ。今回発表になった「フィーバークイーンゼロ」は次の2スペックとなっている。

★ST4 l/192.8 4回転限定確変(1/19.3)
★ST7 l/220.7 7回転限定確変(1/22.1)
5&4&5&14 大当りはすべて15ラウンド(2Rはなし)で8カウント 大当たり出玉約1560個(理論値)

気になる連チャンシステムは、すべての大当り後に4or7回転限定の確変(クイーンチャンス)があり、その確変中に当たれば、大当り終了後には、確変がぬけてもその後lOO回転までの時短状態に突入する。かつこの時短中に再度大当りをひきあてれば、同じ状態(スーパークイーモード)がループしていく仕組みになっているのだ。従来のパワフルゼロに比べて、連チャン性能が格段にアップしたといえよう。

しかもこの機種の面白いところはその秀逸なゲーム性にある。SANKYOは元々ドラム夕イプのデジバチの老舗メーカーでもある。この「クイーンゼロ」はそれらSANKYOの往年のドラムパチンコの名機の数々が時空を超えて、復活しているのだ。

「フィーパークイーンII」を基本として、ドラムチェンジが行なわれれば、「フィーバーキングII」「フィーバーレジェンドI」「フィーバーレクサスYD」「フィーバーフラッシュT」が盤面に登場する驚きのゲーム性が採用されている。このゲーム性は、解像度の高い美麗液晶によって実現されている。液晶とは思えないリアルなドラムアクションは驚きの一言。
しかも画面だけではなく、音や音楽、リ一ルアクションまで当時の名機か完全復活しているため、往年のファンにとってはたまらない懐かしさが感じられるはず。大当り中も「SANKYOミュージアム」仕立てで、歴代の名機が紹介されると同時に、確変、時短中に大当りすればこれら5機種から好きな音楽も選べるようになっている。

「遊べる」コンセプトを大事にしながら、連チャン性を加味し、往年の伝説の名機を復活させるという、多メーカーには真似のできない斬新な新台がついに登場したのだ。全国のホールに設置されるのは11月中旬以降の予定。導入されたら往年のファンのみならず、全国的に入気を博することになるのは間違いない。ホール登場が今から、待ち遠しい「CR フィーバークイーンZERO」だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRフィーバークイーンZERO
このニュースの関連URL:SANKYO




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る