> > 平和から新ブランド「平和SS」および新機種『燃える闘魂アントニオ猪木』発表!
ニュース
新機種発表
平和から新ブランド「平和SS」および新機種『燃える闘魂アントニオ猪木』発表!
平和

ニュース写真
株式会社平和は10月3日、マンダリンオリエンタル東京にて、新ブランド「平和SS」および新機種『CR燃える闘魂アントニオ猪木®』のプレス発表会を開催した。

新ブランド「SS」は20インチの大画面液晶を搭載した新枠システムの名称で、“Super Screen & Super Sound”を意味する。
本枠の特徴は、巨大な液晶は枠本体として設置され、従来のセルにあたる透明な「アクリル板」と「基盤」装置一式を入れ替えることで新機種への入れ替えが可能となる、新機構の4層構造。
最大サイズの巨大な液晶を搭載しているとはいえ、本体の一部として搭載されているため、新機種ごとに高額な液晶部材を入れ替える必要がなくなるため結果としてローコストで迫力のある新機種への交換が可能となる仕組みだ。

平和の代表取締役社長・石橋保彦氏はこれまでのパチンコ産業の歴史、そして平和の歴史を振り返りながら「パチンコホールへ安価で、迫力があり、魅力のあるパチンコ機種を提供することで、結果的にファンへの還元を促し、パチンコファン拡大に寄与することこそ平和イズム」と、会場を訪れた報道関係者に熱弁をふるった。

気になる台価格は台枠込みで30万円を切る価格設定で、アクリルおよび基盤(従来のセル)交換の場合には、社長の名前にちなんだ1484(イシバシ)で15万円を切る価格設定を目指したいとのこと。

気になるパチンコ新機種『燃える闘魂アントニオ猪木』の詳細については、追って5日に開催される機種発表会後に詳報する予定だ。

このニュースの関連URL:燃える闘魂アントニオ猪木® 公式WEBサイト
このニュースの関連URL:HEIWA SS 公式WEBサイト
このニュースの関連URL:平和



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る