> > 今度の舞台は「川」!三洋グループから『CR清流物語』発表
ニュース
新機種発表
今度の舞台は「川」!三洋グループから『CR清流物語』発表
三洋物産

CR清流物語
国民的大ヒッ卜機種「海物語シリーズ」を生み出した三洋物産から、新たな期待の機種『CR清流物語』が発表された。10月30日(月)、会場となった東京の目黒雅叙園には、多数のメディア・業界関係者が集まった。新機種の発表は、三洋イメージガールミスマリンちゃんによるパフォーマンスをはじめとして、水墨画の巨匠、小林東雲氏による新キャラクター「ヌシ」をモチーフとした水墨画を描くパフォーマンス「水墨画ライブ」等も披露された。

『CR清流物語』については、10月28月からTVCMも放映されているので既にご存じの方もいるだろうが、三洋物産によれば「海の魅力そのままに、新たに川を舞台とした機種」「海とは一味違う面白さを盛り込んだ機種」とのこと。そのために、綺麗な山里や渓流などを中心に同社の「海シリーズ」とは異なる新しい世界観を演出している。新キャラクターとしてマリンちゃんに代わっての登場は、アウトドア大好きでキュートな「なつきちゃん」そしてタニシ・マリモ・カッパ・カワウソなど川にちなんだキャラクターたちだ。カニはサワガニ、カメはイシガメ、エビもテナガエビと、ちゃんと川の動物に変化しているのだ。さらに強烈なインパクトをはなつのは、ヌシの「タキタロウ」。このヌシがスペシャルリーチや昇格アクション、2R確変などのカギをにぎっている。

もちろん、「海シリーズ」最大の魅力である魚群予告を始めとして、泡からのスーパーリーチ、ノーマルビタ止まり、ノーマル再始動などのアクションも健在だ。枠外のプレミアクションや赤魚群プレミアなども(ただし、魚群だけでなく、カッパやカワウソなども赤ければ、プレミアムらしい)継承されているため、徒来からの「海」ファンにとっても、とっつきやすい比較的シンプルな作りとなっている。

さらに今回は盤面に釣りのウキのギミックが役モノとして搭載されており、予告やリ一チアクションに連動して光ったり、揺れたりして、期待感が高まる仕組み。このウキは新キャラのなつきちゃんが、色々なキャラを川から釣り上げて、信頼度を図る「釣り予告」でも使用されている。よって液晶での演出がより一層楽しめるようになっている。

今回発表されたスベックは次の2種類

★『MTC』大当り確率:1/312.3 1/31.23(高確率) 賞球:3&4&10&15 確変突入率:58%(15R:42% 2R:16%) 出玉:8カウント、15または2ラウンド 時短:全ての大当り後に100回

★『MHK』大当り確率:1/249.5 1/24.95(高確率) 賞球:4&10&15 確変突入率:50% (15R:35% 2R:15%) 出玉:8カウント、15または2ラウンド 時短:全ての大当り後に100回

  両方のスペックとも、大当り出玉をやや押さえ目にして、その分大当り確率などは甘めに設定されている。そのゆったりとした清流の世界観に合わせて、比較的「遊べる」仕様は、多くのエンドユーザーの願いに適うものだと言えるだろう。全国のホールに登場するのは12月初旬が予定されている。何かと慌ただしく、世知辛くなりやすい年末だけに、『CR清流物語』が多くのパチンカーにとって心の潤いを取り戻すピタミンになることを期待したい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR清流物語
このニュースの関連URL:三洋



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る