> > 光の国からやってきた正義のヒーロー・・・あの伝説のセブンを超えた『CRぱちんこウルトラマン』ついに登場!
ニュース
新機種発表
光の国からやってきた正義のヒーロー・・・あの伝説のセブンを超えた『CRぱちんこウルトラマン』ついに登場!
京楽

null
『CRぱちんこ華王・美空ひばり』のスーパーメガヒットによって益々ファン層を増やしている京楽産業が年末に向けて、渾身のカ作を発表した。かの爆裂連チャンで、一世を風靡した『CRぱちんこウルトラセブン』……この夏はそのDNAを持つ『CRぱちんこジョーズ』が登場し、今なお各地のホールでアツい支持を得ているわけだが……今回発表の新機種は、それら爆裂連チャン機の大本命なのである。その名もついに来たか!の感がある『CRぱちんこウルトラマン』だ。

11日17日の発表会には、たくさんの全国ホール関係者・プレス陣が集まり、会場となった東京品川インターシティホールは物凄い熱気に包まれた。プレゼンテーションの一環として会場に設置されたステージ上では、“本物”のウルトラマンや怪獣たちが現れ、リアルなバトルアクションで場内を沸かせた。

『CRぱちんこウルトラマン』では「すべてがセブンを超えた!」をキャッチコピーにバトルモードの進化が謳われている。まずは、登場する怪獣が大増量〜前作セブンでは5体だった怪獣が10体に。あの懐かしいピグモン、ゴモラ、レッドキング、バルタン星入、メフィラス星人、ゼットンらが次々と登場する。またバトルモードのゲーム性も進化し、主人公のウルトラマンがバトル時に繰り出す必殺技も、スペシウム光線、ハつ裂き光輪、ウルトラスラッシュなど多彩になっている。更に、ウルトラシリーズの兄弟、ウルトラセブンも登場する感動的な演出もある。通常演出では、全国の子どもたちをとりこにしたTVシリーズのウルトラワールドを見事に再現。さらに京楽得意の役モノギミックが凄い。盤面に設置されたウルトラマンギミックが、ゲームの進行とアクションに合わせて、目が光ったり、スペシウム光線を放つなどの驚きの動きをする。中央にはウルトラマンのシンボルの「カラータイマー」が点滅発光し、ウルトラマンのチャンスやピンチを知らせ、プレイヤーの鼓動も思わず高なる。そしてハイライトは、ウルトラマンに変身する唯一のグッズ「べータ力プセル」が出現する演出なのだ。

これらの演出のべ一スになるのが新しく採用された4つのモード。【パトロール・ミッション・SOS・ハヤタ】と変化していくモードが楽しい。勿論、京楽らしく、その演出にはたくさんのサプライズが盛り込まれている模様。現時点ではまだ明らかになってはいないが、玉ちゃんやタヌ吉くん、ゼブラキャラなども出現しそうだ。

『CRぱちんこウルトラマン』は、すでに11月10日頃からTVでのスポットCMも始まっているばかりでなく、今後は大規模なキャンペーンも予定されており、年末に向けて、ウルトラマンフィーバーは加速しそうな勢いである。肝心のスペックは次の通り。

★賞球 3&4&11&14
★確率 【低】1/397 【高】1/39.7
★確変突入率 80% 内訳(15R確変:58% 5R確変:20% 2R確変:2%)
★時短 全ての大当たり終了後78回転
★ラウンド 15ラウンド・5ラウンド 出現割合 約3:1
★特賞出玉 【15R】約1530個 【5R】約380個

この通り、『セブン』『ジョーズ』に勝るとも劣らない爆裂スペックは健在だ。単なる特撮や怪獣ものの域を超えた「空想特撮シリーズ ウルトラマン」。何やらきな臭く、戦火の絶えることのない現実世界だが、元々は地球平和を見据えた深いテーマ性を持っている「ウルトラマン」でしばし平和の大切さや願いを再認識するのもよし! 元祖日本の正統派正義のヒーロー「ウルトラマン」が、全国のホールに登場するのは、12月18日(月)を予定している。セブンやジョーズのファンなら勿論のこと、今まで打ったことのないファンにも魅力満載の『CRぱちんこウルトラマン』のデビューが、待ち遠しい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRぱちんこウルトラマン
このニュースの関連URL:京楽



  • ニュース写真

  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る