> > SNKプレイモア「スカイラブ」「ジャンジャン年中猛特訓」
ニュース
新機種発表
SNKプレイモア「スカイラブ」「ジャンジャン年中猛特訓」
SNKプレイモア

スカイラブ
コンスタントに個性的な5号機を輩出し続けているSNKプレイモアから『スカイラブ』と『ジャンジャン年中猛特訓』の2機種が一挙に登場。その発表会が12月14日、品川プリンスホテルにて行われた。

まずは『スカイラブ』から紹介しよう。ボーナス終了後はリプレイタイム(以下、RT)突入のチャンスゾーンとなっており、ここでベルを引けば30GのRTに突入するが、ベルを引く前にチェリーを引いてしまうとRT突入抽選を行わない通常ゲームへ移行してしまう。もちろん、RT終了後もチャンスゾーンから始まるので、タイミングよくベルを引きさえすれば、RTが大連チャンということも……という『スーパーお父さん』で好評だったRT連チャンシステムを踏襲。ただ『スーパーお父さん』の場合は、どうしてもボーナス待ち(ボーナスを引かないとチャンスゾーンが来ない)となってしまったが、本作はチェリーを引いて通常ゲームに陥落しても、ある一定のゲーム数を消化すれば、再びチャンスゾーンが訪れる仕様となっているので、通常時からもRTの期待が持てるのだ。

また、通常時の刺激として、ボーナスと小役の同時当選機能(スイカがアツい)の追加に、順押しした際の出目演出として2000種類以上のリーチ目を用意。さらに餓狼伝説でも好評の15インチ・パノラマワイド液晶で繰り広げられる超美麗演出の数々。スペースの関係上、全てを詳細に解説することは困難だが、全てにおいて『スーパーお父さん』をさらに進化させた力作ということがいえるだろう。

もう1機種の『ジャンジャン年中猛特訓』は、とにかくシンプルに日本語を遊ぶ機種となっている。通常時の演出は、パチンコの『CRジャンジャン飯店』でもお馴染みとなっているブタのトンちゃんがメイン。各リールを押すごとに1つの文字(「あ」など)が表示されるが、全リール停止時点で出現した3つの文字が意味のある言葉(「う・ず・ら」など)ならチャンス。意味のある言葉が連続すれば激アツとなる。

メインとなるシステムは、ボーナスと小役の同時当選機能とボーナス終了後のRT。同時当選する小役は、左リールに3種類あるチェリーと、これまた3種類あるボーナス絵柄+緑チェリー・緑チェリーの並びとなる特殊小役の合計6種類。これらを全て同時に狙うことは不可能となっており、その他には取りこぼしが発生する小役もないので、適当打ちでサクサクと消化しながら液晶の言葉に注目しよう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:スカイラブ
このニュースの関連URL:SNKプレイモア
このニュースの関連URL:SNKプレイモア パチスロ情報サイト



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る