> > 突確で玉増え!? 伝説の人気漫画『ドロロンえん魔くん』登場!
ニュース
新機種発表
突確で玉増え!? 伝説の人気漫画『ドロロンえん魔くん』登場!
ニューギン

CRドロロンえん魔くん
精力的なペースで人気機種を輩出しつづけるニューギンから、またもや斬新かつ画期的なゲーム性を持った新機種が登場した。
その名は『CRドロロンえん魔くん』だ。

永井豪氏とダイナミック企画が原作の「ドロロンえん魔くん」は1973年に連載が開始された人気漫画で、テレビでの放送時には最高視聴率なんと27%を記録した70年代を代表する超人気作品だ。
この作品もつギャグとホラー、そしてちょっとエッチな原作イメージを現代のパチンコに移植して実現したのが本機なのだ。

メインキャラクターとなった作品の名に負けぬ、斬新な機能の数々も大きな魅力だ。

その1つが、Wスタートチャッカーシステム。本機では盤面中央に座する通常スタートチャッカーとは別に、盤面左側の電チュー用スルーチャッカーの下にドロロンチャッカーと名付けられたもう1つのスタートチャッカーが存在する。
多くの機種でアウト玉になってしまうハズレルートに存在するこのチャッカーは、プレイヤーにとってムダ玉が減るばかりか通常チャッカーとは別抽選を実施しているために、時間あたり500回の抽選(デジタル回転)が可能になるという嬉しいシステムだ。
これにより、同じプレイ時間でも数多くの大当りを引くチャンスが増えるため大当りの体感確率がアップする。

さらに、このWスタートチャッカーシステムの特性を上手く活用したのが大当り時の演出方法だ。

既にニューギンの機種では『CR新大江戸日記』『CRゴジラ』などでおなじみで人気を集めている滞在モードにより確変期待度を表す確変非報知システムを搭載。
ドロロンチャッカー入賞玉での大当りから突入する「マジックボーナス」では最終ラウンドに残ったキャラクターで確変期待度が高低する。期待度順に「カパエル」「雪子姫」「えん魔くん」となっており、「えん魔くんモード」では確変期待度MAXだ! 100回転を超えてもモードが継続すれば確変確定!?
通常チャッカー入賞からの大当りは、奇数絵柄の大当りで確変確定のほか、チャンス図柄(偶数)大当りでもラウンド中に発生する最大3回の妖怪バトルに勝利すれば確変の期待度が大きく高まる仕組みだ。

ここまで説明してきた機能でも十分おもしろそうな機種なのだが、本機最大の特徴は実はいわゆる“突確”大当りにあるのだ。
これまでの“突確”大当りは「2R大当り」などと呼ばれ、大当りアタッカーがいつ開いたのかも分からない、ほぼ出玉のない大当りだった。しかし、本機での“突確”大当りは“カウントダウンボーナス”と名付けられた「ドロロン号発進準備」「大王カウントダウン15」の大当りで、なんと「15ラウンド3秒開放」と約400個の出玉が獲得できるようになっているのだ。さらには確変状態が確定するためプレイヤーにとっても嬉しいボーナスとなっている。

盤面上にも登場キャラクターのフィギアがたくさん配置され、見た目にも楽しそうで魅力いっぱいの本機の登場は2月の予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:『CRドロロンえん魔くん』
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る